鎌倉市資源回収協同組合が鎌倉市と鎌倉・大船両警察署の4者間で防犯に関する協定を結びました。県内初!の取り組み。設立20年の節目の時、素晴らしい一歩です!!

平成31(2019)年1月26日  鎌倉市の紙類等の資源物は、今から約20年前までは、民間企業と各自治会で契約し、それを基にして収集が行われていました。そして、鎌倉市の新たな政策により、鎌倉市は紙布の回収を開始し、それに伴い現業として行っていた資源集団回収業者が、委託業務として紙布類の回収を行うことを請け負うための『鎌倉市資源回収組合』を設立したという歴史があります。正確には、平成28年6月に設立されました。  また、今日に至るまでの組合の歴史を紹介しますと、平成11年10月には、『笛田エコステーション』が開設され、同年11月に集団回収業務を開始、平成14年7月からは、飲食用のカン・ビン及びコンテナの配布業務を開始。平成16年2月からは、鎌倉市のミックスペーパー回収業務を開始、そして平成21年からは、容器包装プラスティック収集運搬業務の開始、さらには、平成29年11月からは、古くなったスプリングマットレスを扱うことも始めており、回収対象を着実に広げることで、鎌倉市民の日々の生活に最も密接な各家庭から分別により排出されたゴミを滞ることなく回収するという、市民の安心で安全に繋がる業務を続けておられます。  設立当初は、2週間に一度の回収でしたが、回収回数は、一週間に一度となり、月曜日から金曜日間の五日間で市内の集積所を回収に回ることとなり、その集積所数は、4,500箇所(弱)にも達しており、回収量は、年間9,700トンにも及んでいます。収集車は、平日の午前8時半から午後4時頃までの間、一日60台から多い時は、80台が出動し、作業を行っています。  今回、設立20年を迎えるにあたり、『鎌倉市資源回収協同組合』は、地域貢献活動として収集業務を『防犯パトロール』を行うことを決め、『防犯パトロール』のステッカー(以前にブログで紹介致しました)を作成して、収集車の両側に貼り、すでに昨年から収集業務をしています。組合が数年前から手広交差点の横断歩道で児童の通学時の安全指導として午前7時半から8時頃までの収集業務を始める前の時間帯に地元町内会の方達と一緒に旗振りを行っていることが、このパトロールを行う切っ掛けとなったと聞いています。朝だけの時間帯に留まらず、収集業務時間の巡回中にも見守りを行うことで社会貢献活動を広げる考えが組合内で纏まったということです。  そして、今年の1月15日に、晴れて、鎌倉市と鎌倉警察署、大船警察署と組合間での防犯に関する協定が結ばれることに至ったのです。    各収集車には、『ドライブレコーダー』を組合独自で搭載し、必要な時には、鎌倉市の安心安全のまちづくりのために、その映像も提供することができるとしています。神奈川県内初の取り組みです。  協定を組むに至るまでの間、組合の中の特に青年部の方達一人一人の鎌倉市の安全安心のまちづくりに関わろうという熱い想いを強く受けながら、ずっと見守ってまいりました。私もこの度の締結を心から嬉しく、そして心強く思っている一人です。  今日の組合の新年会には、毎年同様、大変多くの出席があり、そして会場では、締結の様子の録画が披露され、今後こうした取り組みが県下に広がる切っ掛けになることを願っていると木村邦雄理事長はご挨拶されました。  日々の組合の皆さんの業務に感謝するともに、こうした取り組みが県内全域に広がることを私も願っています。








maekawa-ayako * - * 12:29 * - * - * - -

文化財防火運動として、浄明寺の消火訓練が行われました

平成31(2019)年1月23日  昭和24年1月26日に、法隆寺金鋼堂が罹災した日です。乾燥し、寒い季節で火を扱うことが多い時期である1月26日を『文化財防火デ―』と定め、文化財防火運動を実施することになっています。  市内の対象となる文化財保有社寺等防災施設は、76軒。  朝、9時から浄妙寺で消火訓練が行われました。鎌倉市消防本部 鎌倉消防署浄明寺出張所と第一消防分団の方達によって、消火訓練が行われました。  私が子どもの頃は、鎌倉市内は山火事が多く、特に私が生まれ育った二階堂は、瑞泉寺の裏山から天園のハイキングコースに繋がる市内でも人気の高いコースがあり、特に冬場、ハイカーが山中に捨てたタバコの火から山火事になり、夕方から翌朝にかけての消火活動を住民として不安な思いで見守ったことを思い出しました。出火した場所が少し離れていても、山火事の際には、必ず一台の消防車が文化財としての瑞泉寺を守るために万が一に備えて配置されたことを子どもながらの記憶ですが思いだしました。  寒い朝でしたが、ドローンも出火状況の把握に使用する等、手際よく訓練が進み、地元の一人として見守りました。































maekawa-ayako * - * 12:25 * - * - * - -

天皇陛下御即位三十年奉祝神奈川県委員会 設立総会

平成31(2019)年1月22日  伊勢山皇大神宮を会場にして、『天皇陛下御即位三十年奉祝神奈川県委員会』設立総会が発足されました。  会長は、神奈川県商工会議所連合会会頭 上野孝氏、そして副会長には、神奈川県神社庁長 吉田茂穂氏、 川本工業(株)代表取締役社長 川本守彦、日本会議神奈川会長 斎藤文夫氏が就任されました。  委員には、神奈川県下の各首長・国・県・市の各党(自民党・公明党・立憲民主党、国民民主党等)、無所属議員が名前を連ね、私も委員の一人として出席致しました。その他、各種団体代表・学識経験者等多くの方達が委員となりました。  委員長には、神道政治連盟神奈川県本部長 石川正人氏が、そして事務総長には、日本会議神奈川県副運営委員長 木上和高氏が、さらに事務局長には、教育を良くする神奈川県民の会副運営委員長 松原信也氏が就任されました。  建国記念日である来る2月11日の午後、横浜市開港記念会館で開催が予定されている『天皇陛下御即位三十年奉祝 神奈川県民の集い』の準備のための委員会です。
maekawa-ayako * - * 19:55 * - * - * - -

平成30年度『鎌倉市防災の集い』 〜土砂災害に遭わないために〜切なことは、素直に逃げる!!こと

平成31(2019)年1月21日 講師に、 国土交通省 国土技術政策総合研究所 土砂災害研究部 山口真司氏 を迎えての『防災のつどい』が、鎌倉市福祉センターで開催されました。 演題は、『土砂災害に遭わないために』。24年前の阪神淡路大震災から始まった様々な災害を振り返り、昨年の西日本豪雨災害を基にした講演が行われました。 平成23年の東日本大震災以来、鎌倉でも津波被害対策に集中する観がありますが、同時に鎌倉は、山に囲まれている地形から土砂災害も注目しなくてはなりません。特に谷戸の地形は、土砂災害がとても気になる所であり、私自身もそうした谷戸に住む一人でもあります。 平成30年に発生した主な土砂災害・日本で土砂災害が多い理由と土砂災害発生メカニズム・最近の土砂災害の傾向と特徴と土砂災害対策・地域における土砂災害への対応は?という流れで講演はス進みました。  平成30年の土砂災害発生件数は、昭和57年の集計開始以降最多の記録となってしまっており、平成30年4月5日の霧島山(新燃岳)噴火、大分県中津市耶馬渓町の土砂災害、大阪府北部を震源とする地震、7月豪雨による広島県内の土砂災害、北海道胆振東部地震による土砂災害等、実際に現場で調査をされて土石流が直撃し、下流が土砂洪水氾濫が起きた状況、地形的に避難が困難な集落を直撃した複数の土石流の状況、7月の各地豪雨の概要、大規模な地すべりによる河道閉塞の発生状況等を示されながら、日本は自然災害と戦うのが宿命であることを狭い低平野部に集中する私達、日本の人口と資産を考えると言わざる負えないのが現状ということです。  斜面の内部構造が、晴れた日の場合と大雨の日の場合のイメージの差、そして水を通しにくい地層が原因となって起こる土砂災害について等、見えない地中の状態を知る手立てのない中で、激化する近年の豪雨がこれから地球温暖化現象により、海水温の上昇の影響で、ますます洪水頻度が増加することを予測されました。  ハード対策だけでは追い付かないことは事実で、地域が連携して避難行動をするまちづくりを行う必要があること、政府もこのように舵をきり始めたということです。  兎に角、早めに「にげろ!!」ということです。NHKでも民法でも、逃げるように!勧告するようになってきているのです。  自分は大丈夫、と思ってはいけないということです。これを正常化バイアスというそうですが、それは危険を促すだけ、地域が逃げるという環境をつくる、そのためには日頃の訓練と声を掛け合う習慣、そして何よりも素直にそれに応じる姿勢、そして手助けをする協力、そうしたソフト対策、つまり人と人の繋がり、コミュニケーションの力を災害によってさらに強化することが求められるということです。  もう、それしかない!という声が悲鳴が聞こえてきそうな講演でした。  そうなのだろうな、と最近の災害を見ていると納得するところです。    というよりむしろ、既にそのように強く感じていました。人と人が疎遠になっていく減少を食い止めて、頼るばかりでなく、自発的な行動の意識づけを・・・・。
maekawa-ayako * - * 19:50 * - * - * - -

第118回『鎌倉市頌徳会』

平成31(2019)年1月17日  『鎌倉市頌徳会』が、今年も開催されました。鎌倉市のために、長年、各種分野で活躍され、あるいはまた引退された方達が入会することができる会で、そのご功績を讃える会です。大正の頃から続いている鎌倉ならではの歴史ある会です。一時、その入会の手続きが途絶えており、寂しく思っておりましたが、昨年から入会する方があり、今年もお二人の新入会員をお迎えし、既に入会されている方達とご一緒にお祝いをしました。  今、こうしている現在も鎌倉のためにご尽力して下さっている方達の活躍は日々あるわけですから、この会が続いて、多くの方達が鎌倉の応援団となって頂き、そうした大きな一つの輪ができますように願っています。  今年で、118回を迎える『鎌倉市頌徳会』です。すでに会員になっておられる方達の参加が増える工夫が必要に感じています。  
maekawa-ayako * - * 19:45 * - * - * - -

雨が降らない毎日

平成31(2019)年1月16日  雨が降らない日が続きます。植木鉢もからからで、寒いけれど、水遣りをする程です。  夕方梟が鳴き、今頃は、梟のシーズンです。  シロハラが毎日やってきます。1羽でやってきます。毎年同じシロハラなのか、確かめようがありませんが、1羽でやってきます。キジバトも、アオジもリスも来ます。キジバトもアオジもシロハラもリスがいると遠慮する姿が面白いです。やはり獣と鳥の違いなのでしょうか。  今年は地植えのクリスマスローズが蕾を殆ど着けませんでした。何が起こったのでしょうか。気候のせいなのでしょうか。緑々とした葉が茂ってしまっています。  今年もお招き頂いた新年会に伺い、多くの皆さまとご挨拶させていただいております。  14日には『成人の集い』が鎌倉芸術館でありました。平成10年の4月から平成11年の4月にかけて生まれた方達が成人になったことのお祝いです。  地域の、或いは知人のお子さんが成人を迎える場面が幾つもあり、そのお子さん達の子どもの頃を思い出して、その成長を親ごさん達と喜びました。  20歳という年がどんな年であったか、改めて懐かしく振り返ってみたりもしました。随分遠いことになりました。  漲る若いエネルギーを会場に感じながら、壇上に同僚議員達とともに、今年も列席致しました。    
maekawa-ayako * - * 19:40 * - * - * - -

八雲神社の差義長、お汁粉配り

平成31(2019)年1月14日  八雲神社のどんど焼き、差義長です。  風もなく、比較的暖かな朝となりました。早朝7時過ぎから地元の方達の準備が始まります。  私も7時半頃に境内で作業されている皆さんに加わって、準備のお手伝いをして、どんど焼きでお正月のお飾り等を持ってきた方達にお汁粉を振舞う用意をしました。  今年は、お汁粉を求めて立ちよられる方達の様子を見て、今年は神社を訪れ数が多く感じました。穏やかな気候のおかげかもしれません。  八雲神社のどんど焼き、お汁粉配りが終わらないと、正月があけないよ・・・。と大町の馬瀬会長。  私も同感です。  今年も沢山の人が、小さなお餅が一つ入った甘くて美味しいお汁粉を口にして、ほっとするひと時を過ごし、良い年を願うことができました。そしてそのお手伝いを少しですけれど、させて頂いたことに心からの感謝をしております。
maekawa-ayako * - * 19:39 * - * - * - -

汐まつり

平成31(2019)年1月11日  今年も材木座海岸で、五所神社様が主宰する『汐まつり』が今年も執り行われました。  風が強過ぎて、中止になった年もありましたが、今年は風もなく、穏やかで、東の空からの太陽の陽射しは暑い程。  雪で白い富士山が稲村が崎の上に頭を出し、鎌倉の海岸の美しい景色を見ることもできました。  今年一年の海の安寧と、豊漁を祈り、神楽の舞があり、地元の幼稚園や保育園の子ども達にミカンを捲いて、祝いました。  お祭り後には、地元の方達が持ち寄った古くなったお正月の飾り物を火で焚く差義長です。その煙を浴びて、今年一年の無病息災を願いました。  同時に、坂の下の海岸でも『汐まつり』が執り行われています。  帰りには、材木座海岸の小坪寄りの端まで歩いて息子や娘と桜貝を探すのも、この日の楽しみになっています。





maekawa-ayako * - * 19:37 * - * - * - -

平成31鎌倉市消防出初式

平成31(2019)年1月6日  元旦から毎日、穏やかで暖かな日が続いて・・・・なんて言っておりましたが、今日は、一転、厳しい寒さに変わりました。冷たい風が少しあり、空は曇天で、部分日食が3年ぶりに見られるかもしれない、と楽しみにしていたのも、残念ながら、全く望めない天気となりました。  そんな寒空の下、今年の消防出初式が山崎浄化センターで開催されました。 平成時代は、『災害の年』という代名詞がついてしまう程、様々な災害に全国的に見舞われました。防災に対する意識や取り組みが強く進められた時代です。  県知事表彰、市長表彰、20年勤続、15年勤続、優良消防分団、優良消防団員、それぞれに該当する消防団員や消防団への表彰が終わると、恒例の鳶職の方達による梯子乗りのとまといの振込み、そして消防団(第22団)による小型ポンプ操法、そして今年初めて出場した子ども消防隊による放水演技、消防部隊による総合訓練(川の洪水で車が水没し、車内で逃げ遅れた人の救助を想定しての訓練)、そして最後は、恒例になりました消防団による一斉放水訓練が次々と披露されました。  各演技披露では、最近特に質のの向上を感じています。  子ども消防隊による放水演技では、鎌倉消防で作成したという特製の小さな可愛い消防自動車と一緒に消防服を着た子ども達が入場し、放水演技は初披露でした。愛らしい子ども達の姿に皆注目です。将来消防士になってくれることに繋がるという願いも込めれています・・・。  総合訓練は見ごたえがありました。  いざという時に、住民である私達の先頭に立ち、あるいは助け合って地域の支援活動を行う消防隊や消防分団に日頃の活動に対し心からの感謝をもって、敬意を表し、拍手を送りました。  地元に戻ったら、今年は、さらに防災訓練の充実や最近災害時の使用に取り入れたトランシーバーの活用、そして避難所マニュアルの作成等、今年も力を注がなくてはと改めて思う今日の出初式でした。  それにしても冷たい寒さで、演技をされている方達の手もさぞかしかじかんでしまっていることだろう、とあんじる出初式でもありました。




























maekawa-ayako * - * 06:48 * - * - * - -

手斧始め式

平成31(2019)年1月4日    午後1時。鶴岡八幡宮の舞殿前で執り行われる『手斧始め式』。  今日は、いつもより暖かに感じました。  鎌倉建築組合と鶴岡八幡宮の御奉仕で儀式が進められます。  鎌倉建築組合は、元禄16年、1704年に発足した伝統ある組合です。300年以上も続いている鎌倉建築組合には、発足から行われてきた行事について細かく記された文献が現在もしっかりと保管されているそうです。式典後の直会で、山田信和組合長は、「長く続いた伝統ある組合だから、つぶしたら大変なんだよ」といつもの明るい笑顔で話され、組合長としての意気込みを感じました。そして、「今日の手斧始め式の演技を見て、自分が嘗て奉仕をした頃より数段上手になっていると感じて、とても嬉しい」と奉仕された建築業の皆さんに激励の言葉をかけられました。鎌倉の誇りです。  手斧始め式が終わると、同じ場所で鎌倉鳶職組合の皆さんの『梯子乗り』演技の披露が行われました。(鎌倉鳶職組合の皆さんは、手斧始め式に必要な4メートルのご神木を木遣唄をうたいながら、舞殿に運ぶ役目をされます。)参拝に訪れた人達は足を止め、一つ一つの高い演技に歓声と拍手を送ります。どんなに暖かいといっても、冬ですから長時間外にいれば、手は冷たくなりかじかみます。そんな中での梯子演技を見守る気持ちは、素晴らしいと心配が混在します。若鳶さん達の演技、素晴らしかったです。こちらも、鎌倉の誇りです。





maekawa-ayako * - * 16:54 * - * - * - -
このページの先頭へ