鎌倉市 『緑地維持管理相談専門委員による相談事業』が9月1日から始まりました。

令和2年(2020)9月4日

 鎌倉市では、『緑地維持管理相談専門委員による相談事業』を始めました。
 緑地維持管理に関する知識や経験を持つ専門の技術者が、鎌倉市内に緑地を所有している方からの申し込むを受け、現地調査及び緑地維持管理に関する助言を行うものです。
 緑地の維持管理についてお困りごとがありましたら、是非ご相談下さい。第1次募集は、9月30日までということです。
緑地の管理を強く求められている近年において、緑地を所有されている方のお困り事が多くあると感じています。そうしたお困りの助けになると思います。鎌倉市としても初めての事業ですが、ご活用されることをお勧めしたいと思います。  詳しいことは、鎌倉市のホームぺージをご覧頂くか、都市景観部みどり課にお訪ね下さい。






 
maekawa-ayako * - * 17:25 * - * - * - -

鎌倉市議会9月定例会2日目  浄明寺町内会9月オンライン役員会

令和2年(2020)9月3日

 鎌倉は朝から蒸し暑く雨が降ったり、止んでひがさしたりと目まぐるしく変わる天気の一日でした。
鎌倉市議会9月定例会の一般質問2日目でした。
 6時半に帰宅して、7時からはオンラインでの「9月浄明寺町内会役員会」に少し遅れましたが、参加しました。
本来ならば、9月以降は市民体育大会や防災訓練、行事が目白押しですが、今年は殆ど中止となります。
 子ども会行事の『ハロウインパーティー』はオンラインで行うという案もありましたが、スタンプラリー形式で、密を避ける方法で、秋に実施する方向となりました。当日は町内会役員も皆でお手伝いをして、子ども達にはたのしいひと時をすごしてもらいたいと思っています。
 様々な確認事項と意見交換をしました。
台風10号が週末以降に九州、沖縄に接近する恐れがあると気象庁が緊急会見を行い、早めの備えを強くよびかけています。甚大な被害にならないことをただただ祈るばかりです。

maekawa-ayako * - * 17:24 * - * - * - -

鎌倉市議会9月定例会 一般質問をさせて頂きました。

令和2年(2020)9月2日

 今日から鎌倉市議会9月定例会が始まりました。
 一般質問を全体で5番目にさせて頂きました。今日のうちの最後の順番になりました。
内容は、大項目を2つあげました。
1.『コロナ禍における教育の対応』「特別支援学級と不登校児童等への対応」「小1プロブレムへの対応」「幼稚園・保育園・認定こども園と小学校の連携ついて」「コミュニテイスクールについて」 
2.『災害の対応について』「避難所と避難所運営マニュアルについて」「ナラ枯れについて」です。
9月定例会の議場の一般質問に対する時間の考え方は、質問時間1時間毎に15分の換気を行うことと議会運営委員会で決まりました。換気後に質問を行うことは可能ですが、議会を運営する上では、それも困難と推察し、1時間以内で質問をおさめる努力をしました。多少早口になってしまいましたが、50分で用意した質問のやり取りをすることができました。
~新型コロナウィルスは、市民生活に様々な影響を与えています。自粛を余儀なくされた期間から、収束のめどが立たない今日まで、だれもがかつて経験をしたことがない課題と向き合い、手探りで生活をしてきました。

質問は、
<行政も予測の難しい状況と向き合い、力を尽くしてきていただいたことには、感謝したいと思います。
不安と混乱続きのこの半年あまり、事業の遅れや先の見通しが付かない状況ではありますが、視点を変えて考えると、コロナ禍に学びこれまでの在り方を見直すチャンスともとらえることができます。 私も皆様から様々なご相談を伺う中で、あらためて感じたのは自立と共生の重要性であり、市民と行政が力を合わせて取り組む協働という仕組みの重要性を再認識させられたところです。
子どもや高齢者、障害があるかたなどが、それぞれどのような影響を受け実際にどのような生活状況にあるのか、それに対して行政がどのように対応されたのかなど、たいへん気にかかるところですが、限られた質問時間でもあり、この9月議会では、子どもたちの教育の課題について質問をさせていただきます。
また、9月1日は防災の日、その前後1週間が防災週間ということもあり、昨年の台風を思い出しますと、備えておくべきことが多くあると感じますので、後半は防災について伺いたいと思います。
という前段から始めました。
質問の内容は、レポートにまとめて作成し、9月議会が終了しましたら、お配りさせて頂きたいと考えております。



maekawa-ayako * - * 17:22 * - * - * - -

9月がはじまりました。鎌倉市議会9月定例会は明日から始まります。

令和2年(2020)9月1日

 鎌倉は涼しい朝を迎えました。9月の声を聞いた途端の急な気温の低下には驚きます。
  台風9号の影響が沖縄地方は大荒れになっているようです。大きな被害が発生したにことを祈っています。
 白蝶草の花が長く伸びた茎先で風にゆれています。明日から鎌倉市議会定例会が始まります。準備を続けたいと思っています。
 気温の急な変化に体調を崩さないようにお気をつけください。お願い致します。
maekawa-ayako * - * 17:21 * - * - * - -

ヤマガラ

令和2年(2020)8月31日

 夕方、谷を渡るヤマガラ達です。今頃の秋にかけてヤマガラやシジュウカラが一つの群れをつくって行動することがあります。
 今日は、ヤマガラだけですが、チーチーと高い声で鳴きながらクルクルと動きまわり次第に木から木へと渡っていきます。夕方、市役所から帰宅すると、ヤマガラ達で家の前が賑やかでした。暫く目で追い、元気に楽しそうにしているこの鳥達を見るのが、とても好きで、暫く見惚れていました。ヤマガラは、昔神社のお社からおみくじをひいていた鳥です。 
目鼻立ちがはっきりしていて、明るい茶褐色の胸の色がお洒落で、あまり人を怖がらず、とて愛くるしい鳥です。
 秋を一つ見つけた感じがします。

maekawa-ayako * - * 17:21 * - * - * - -

10年以上一緒に暮らした金魚が天国へ。

令和2年(2020)8月30日

 8月最後の日を迎えました。
 白い絵の具を筆先につけて、青い画用紙の上を力を抜きながら鳥の羽をイメージして払うように描くと、今日のの空のような雲になるように思います。
   10年以上一緒に暮らしていた金魚が昨夜、天寿を全うしました。小町の縁日の金魚すくいでの縁です。すっかり慣れて人影を追うようになり、傍に寄ると水面に顔を出してくれていました。我が家に来たこ頃は赤色が多かったように思いますが、歳を重ねるごとに白っぽくなってきて貫禄が出ていました。温かなコミュニケーションがとれているように、いつも感じさせてくれていました。
 これまでありがとう、と花を添えて、祈る朝になりました。とても寂しいです。

maekawa-ayako * - * 21:35 * - * - * - -

8月最後の日曜日の海岸、海 由比ヶ浜海岸と材木座海岸

令和2年(2020)8月30日

 鎌倉の海岸の夏も今日を含めてあと2日です。今日も陽ざしが強い、暑い一日でした。先週の日曜日午前に由比ヶ浜海岸と材木座海岸を訪れた時までは、海水浴場を開設しない異例の夏の鎌倉の海にも関わらず、大きな事件も事故もなくよかった、とボート屋さんや漁師さんと話していました。しかしその同じ日の夕方プレジャーボートが泳ぎを楽しんでいる人達近くを3周も暴走するという事件が起こりました。幸い怪我人が出なかったものの、一つ間違えば大惨事をなる行為と、背筋が寒くなる行為には間違いありません。そのことについては、今、捜査中であることを先日、神奈川県議会議員の永田まりなさんのお計らいで、海上保安庁をはじめとする関係機関の方達から説明を伺うことができました。
   今日の由比ヶ浜海岸と材木座海岸は人出はそれ程多くいとは感じませんでした。子ども達が大人の指導の下でラグビーの練習をしていました。毎年なのか、今年ならではの光景なのかわかりませんが、足もとをとられる砂の上で真剣ですが、楽しそうにボールを取り合っている様子はとても素敵なシーンでした。
 いつもなら今頃は、クラゲのシーズンですが、今年はとても少ないそうです。このことについては、暑くて海の底の方でじっとしているのではないか、と笑いを交えて、毎日海の様子を見ているボート屋さんのお話でした。
 そんなお話の続きから、今ではウインドサーフインが主流となったマリンスポーツですが、かつてはヨットであった時代の興味深いお話もたっぷり聞かせて頂き、勉強になりました。
 一方で漁師さんからは、漁師さん達がとった魚が何故かこの時期、高い値で売れない悩みも伺いました。
 コロナ禍になり、海水浴場の開設ができなくなり、海の安全について一時はどうなるのか、と不安でした。そのいつもと違う条件下で海岸の警備やゴミ集めをして下さる皆様、ライフセーバーとして目を光らせて下さる皆様に心から感謝しております。
 いつも違う形で始まった8月を振り返り、その8月が終わろうとしているところまできたことはとても感慨深いものです。







maekawa-ayako * - * 21:33 * - * - * - -

暑い中での浄明寺町内会農園作業 ニンジンの芽を間引きしました。

令和2年(2020)8月30日

 朝9時からは、浄明寺町内会の農園作業でした。8月の始めに種をまいたニンジンが芽を出して2週間程が経ち、 芽が大きくなりましたが、今度は、間引きが必要になりました。西御門町内会会長の福井さんにまた教えて頂きたながら、間引き方を教わりました。ついつい間引いた芽も大事にしたい気持ちになって、どこかに植えたくなりますが、それは飢えても育たないことも教わりました。
 水やりが足りないこともご指摘を受け、もっと水やりを増やすことにしました。もっとも水やりは、畑に近い女子会のメンバーにお願いしています。申し訳ないです。有難いです。
 畑は無農薬なので、虫の種類が豊富です。サツマイモの葉をレースのようにしてしまう虫、バッタ、カマキリ、 そして、今日はセスジスズメという蛾の幼虫が大きなサトイモの葉を半分以上食べつくしていました。美しい模様を持つ大きなイモムシです。
 この畑は、子どもが虫を観察するのにも良い場所になっているようです。
 間引きと水やり作業の他に、今回も草取りと石拾いを進めました。暑いので作業は短時間で行いますが、手際よくなり進みは早くなりました。仲間で畑仕事は、良い汗をかいて、気持ちがよいひと時です。ホーム玉ねぎは根が出てきました。エシャロットやアサツキもそれぞれ芽が出てきています。水分補給を充分して解散しました。
 大根の種をまく計画があります。時期がきたら、地元にできた保育園の子ども達と一緒に育てられたら。。。と皆で考えています。









maekawa-ayako * - * 21:31 * - * - * - -

8月最後の日曜日

令和2年(2020)8月30日

 鎌倉の朝は水分一杯のモアーッとした空気で始まりました。風が少しあるので助かります。8月最後の日曜日です。暑いですが、小さい秋を探すのも楽しいかもしれません。暑さに警戒しながら、今日も一日お過ごしください。
オミナエシにセセリチョウがとまります。派手な虫ではありませんが、忙しそうに羽を動かす姿が愛らしいです。



maekawa-ayako * - * 21:29 * - * - * - -

モリアオガエル

令和2年(2020)8月30日

 鎌倉は昨日も暑い夜になりました。また少し満ち進んだ月が木星と土星と連れ立って、南の空にのぼりました。
 思いがけないお客さんが窓の外に来てくれたのです。アマガエルと思いました。体長6センチくらいの緑色のカエルです。緑色のカエルに会うのは何年ぶりかのことなので、嬉しくて興奮してしまいました。よく来た、よく来たと声をかけたほどです。
 カエルは喉をピクピクしています。小さな虫が目の前に来るのを待っているようです。ヤマアカガエル、ヒキガエルの他にアマガエルが住んでいるということが分かったというところでしたが、実はこれは、アマガエルではなく『モリアオガエル』だということが分かりました。それはもっともっと驚くことです。モリアオガエルといえば、見たことはまだありませんが、あの泡の卵を思い出します。憧れるカエルの種類です。
 このカエルは、大きな手で、指先にはっきりした丸い吸盤を持っているのがとても印象的でした。
 もう一度来てくれることを願って待つことにします。
 辺りが暗くなり、昼間の暑さからホッと一息、パソコンと向き合う時間から少し開放した時の出来事でした。





 
maekawa-ayako * - * 21:27 * - * - * - -
このページの先頭へ