<< ライン(LINE)を活用した道路損傷通報システムの試験運用が開始されます | main | 鶴岡八幡宮 『崇敬者大祭』に参列させた頂きました。 >>

浄明寺町内会の農園作業を3週間ぶりに行いました。大根『三太郎』の種をまきました。

令和2年(2020)10月3日

 鎌倉は全く雨の心配がない晴天です。今日は、浄明寺町内会の農園作業を朝9時から行いました。 
8月や9月に比べて、暑さもあまりなく、晴れた空の下で気持ちのよい時間となりました。3週間ぶりの作業です。8月に種のまいたニンジンやエシャロットなどなど、一応に育っていてこの先が楽しみです。野菜の芽達と一緒に育つ雑草もとても元気なので、まずは草取りです。
 特にヤブカラシやスベリヒユが多いです。そして今回は、大根の種をまきました。大根の名前は『三太郎』。可愛い名前です。種の色も赤というか、ピンクというかとても可愛い色です。芽がでるのが楽しみです。
 サツマイモの葉をレースカット状にする虫がいるようですが、3週間前より一層その技術が増し、葉脈だけ残るような食べ方が芸術的で見る度に感心します。タヌキの足跡らしい動物の尾根を踏んだ跡が幾つからありました。サツマイモの蔓の中には大きなカエルも住んでいるはずです。カマキリやバッタは種類も豊富で沢山います。畑に人がいない時間は虫や動物たちの楽園ですね。
 久しぶりに作業の傍ら、いろいろ近況や情報を根幹しながらの1時間、、秋らしい空気の中で楽しい農園作業となりました。
大根の発芽が楽しみです!!







maekawa-ayako * - * 20:14 * - * - * - -
このページの先頭へ