<< 鎌倉玉縄歴史館、歴史館ギャラリーがオープンしました | main |

久しぶりの陽ざしの下で浄明寺町内会農園整備。

令和2年(2020)8月2日

 鎌倉は、朝から良いお天気になりました。空気も比較的乾いているように感じました。本当に梅雨が明けたのですね。  今日は、朝9時から浄明寺町内会の農園整備でした。既に植え付けて成長途上にある里芋とサツマイモの他に新たにホーム玉ねぎ・エシャレット・ニンニク・アサツキの種球を植え、ニンジンの種まきを予定し、その準備として畑の畝を3つ増やすために沢山地中に潜っている石ころを外し、耕運機で耕し、草取り作業です。色々な種類の種球については、全くのお試しですが、収穫を大いに期待しているところです。
今回も西御門町内会長の福井さんに耕運機持参で応援して頂きました。ニンニクの植えつけ方からホーム玉ねぎの植えつけ後のネットかけまで教わりました。大変お世話になっております。
畑は5つの畝に広がり畑らしくなってきました。ニンジンは3日に1度、あるいは1週間に1度は水やりを、ホーム玉ねぎはお盆のころに土かけをする等、経過を楽しみながら育っていくこと楽しみにしています。 
 密を避け、マスクをしながらの作業でしたが、久しぶりに陽ざしの下で汗をかき、適当な距離を保ちながらコミュニケーションも交わすことができ、皆甲斐甲斐しく働くことができました。
なかには、「気持ちのよい半日でしたね」といった声もあり、短時間でしたが、本当に気持ちの良いひと時でした。有難いことでした。






maekawa-ayako * - * 22:05 * - * - * - -
このページの先頭へ