<< 昨年の台風15号の倒木が落ちてきました! | main | 全国市議会議長会より市議会議員としてのこれまでの15年を表彰して頂きました。 >>

イソヒヨドリの親子

令和2年(2020)6月24日

 今日は、6月議会定例会の最終本会議です。三密を避け、換気のために議会内の会派の控室の窓は常に開いている状態にしています。
 すると、ギ〜ギ〜と小さな虫が鳴くような声に気が付いて、外を見ると、目の前下にある倉庫の屋根に一羽の鳥の雛が止まって泣いている声だとわかりました。見ているうちに、雛のそばに降り立ったのはイソヒヨドリの雌でした。母鳥に向かって、まだ黄色が残る嘴を大きく開けて餌をねだる姿がとても愛らしい瞬間です。この後、親鳥は雛を置いて餌を探しに行きましたが、その間に雛にタイワンリスが近寄りました。すると物凄い勢いでどこからともなく、母鳥は雛のもとに戻り、羽を振るわせてリスを追い払い始めました。その気迫に負けてリスは飛んで逃げて行きました。たまたま雛鳥に出くわしてしまったリスはちょっと気の毒でしたが、お陰で母鳥の雛への愛情を強く感じる場面を一度に幾つも見ることができました。

maekawa-ayako * - * 06:06 * - * - * - -
このページの先頭へ