<< 令和二年のお正月です。あけましておめでとうございます。 | main | 手斧始め式 >>

材木座海岸での船祝い(2日)・腰越漁港での船祝い(4日)

令和2年(2020)1月2日・4日

 2日は、材木座海岸の「船祝い」でした。雲が多い空になりましたが、陽射しもあります。

 材木座海岸の砂浜に上げられた船から地元漁師さん達が、みかんやお菓子、五円や百円といった硬貨をまいて、漁の新年を祝います。毎年多くの人達が、船から届けられる「福」のおすそ分けを期待して集まります。また知り合い同士、新年のご挨拶を潮のかおりの中で交わせるのもとても素敵です。

 4日は、腰越漁港での「船祝い」でした。2日と同じようにやはり雲が多く、今年は富士山を眺めることはできませんでした。

    腰越漁港の船祝いは、毎年、相州神童大鼓の演奏を開会前に聞かせて頂けます。演奏者は女性の方達ですが、威勢良く、華やかで、新年に相応しい演奏です。

  こちらもみかんとお菓子を船から集まった地域の方達に撒きますが、腰越では、私達議員も撒くお手伝いを致します。まずは、岸にあげられた船から撒きますが、撒く前に、今年の恵方は、と言いますと・・・・西南西ということなので、その方角にみかんを投げます。福がありますように・・・と願って投げます。

 みかんとお菓子は、港に停留してる漁船からも撒きます。腰越漁港も、今年も多くの方達が集まり、賑わい、新年を祝いました。

 こうして、多くの方達とさまざまな場面で新年をお祝いできますことに、感謝しております。









 
maekawa-ayako * - * 10:34 * - * - * - -
このページの先頭へ