<< 市民活動フェスティバル 「災害ボランティアって何?〜足利市からの報告」に参加して | main |

浄明寺町内会 防災ツアー 横浜市民防災センターへ

令和元年(2019)11月9日

一年の町内会行事の日程で決めた防災ツアーですが、今日は119番の日と考えると、防災を考える日にあてたのは、偶然とはいえ、相応しい日でした。

今回は、防災センターツアーを考えました。これまでにも、町内会として厚木市の「神奈川県総合防災センター」や東京江東区の「防災体験学習施設そなエリア東京」等に行っていますが、いつも残念だったのは、子どもの参加を募ることをしてこなかったことです。

最近、子ども達も何かと忙しい事は承知しています。でもやはり、町内会で災害への対応を考える時、子ども達も一緒に体験して、少しでも子どもの頃から防災への意識を高める切っ掛けができたら、と考えてきました。一回位の防災ツアーでは。。。。
と思われるかもしれませんが、兎に角、子どもを誘える条件を整えて、一人でも子どもの参加を得られたら。。。と内心思いながら企画を提案しました。

町内会の会員に横浜消防の方がおられ、「横浜市民防災センター」を紹介して下さったのです。早速、横浜市民防災センターを中心に据えたバスツアーを企画することができました。

募集してもなかなか集まらず、後で知ったことですが、行きたい子どもはもっといたようですが、町内会としての周知の方法が充分でなかったということは反省です。

幼稚園から小学生までの子ども達10人と1歳の赤ちゃんと大人で33名で実施しました。

横浜市民防災センターは、最近再建されたそうです。とても参加しやすく建物内がつくられていて、災害シアター「いま横浜市を大地震がおそったら」を観て、過去の地震や未来の地震の揺れを体験することできる地震シュミレ―タ―、何が起こるわからないという前提で受ける減災トレーニングルーム、消火や煙の中を逃げる等の火災シュミレ―タ―等を次々に子どもも大人も一緒に体験できました。

積極的に体験に取り組む子ども達をたのもしく感じました。

  ランチは中華街で、そしてオプションはNHKの朝の連続テレビドラマ「まんぷく」で再認識されたカップヌードルの歴史がわかる横浜みなとみらいにある『安藤桃福発明記念館 カップヌードルミュ―ジアム」に。

子どもから大人まで、防災ツアーからお楽しみまで、有意義な一日だったと思います。









maekawa-ayako * - * 15:03 * - * - * - -
このページの先頭へ