<< 秋の陽射しの中で | main | 市民活動フェスティバル 「災害ボランティアって何?〜足利市からの報告」に参加して >>

鎌倉市制施行80周年記念式典と市政功労表、そして令和元年台風15号災害応急復旧支援感謝状贈呈

令和元年(2019)11月3日

鎌倉市は市制施行80周年を迎えました。 今日は、10時から鎌倉芸術館で開催された記念式典が開催されました。鎌倉市は昭和14年11月3日に、鎌倉町と腰越町の合併により誕生しました。
当時の人口は、3万7千人程の小さな市でしたが、市政が施行されてから9年後の昭和23年に、深沢村と大船町がさらに合併されて現在の市域になりました。改めて、私自身もこの鎌倉に生まれ育ち、家庭を構えて、そして子どもを育て、現在は市議会議員をさせて頂いているこれまでの道のりを鎌倉ジュニアオーケストラの皆さんによる(選曲も演奏も素晴らしい)記念演奏を静かに聞きながら振り返っておりました。
80年という歳月は、決して長いとは言えませんが、鎌倉にとって、この80年の間の町の変化は大きなものだと感じています。

市政功労表彰と令和元年台風15号災害応急復旧支援感謝状贈呈も行われました。二階堂の被害の復旧支援に多大な人力をして下さった陸上自衛隊31普通科連隊、陸上自衛隊東部方面混成団、陸上自衛隊第4施設団の皆さんも感謝状を受けられました。10月3日に武山駐屯地に出向き、二階堂の方達の感謝の寄せ書きを届けております。式典後に直接お話しする中で、寄せ書きと当時の現場の状況の写真をファイルにしたものは、隊の方達の目に触れる玄関に展示して下さっているということでした。

私の町内会、浄明寺も、当時、町内会館を解放し地区内の一部におきた停電地域の方達に対応したこと、そして二階堂に発電機等を貸し出したこと等の支援に対して感謝状を頂きました。

市民功労表彰 教育文化功労者となられた中学2年生の斎藤梨衣さんと再会できたことも嬉しいことでした。昨年も表彰されたのです。今回の斎藤さんは、第1回ヤングスターファイナル全国選抜大会10mビームピストル60発競技で1位になられたことへの表彰です。そこには、ご両親の温かな支えがあります。1年ぶりにお目にかかれたことを喜びあいました。

また、久しぶりの再会で嬉しかったのは、社会福祉功労者として表彰された極楽寺若葉会、みらいふる鎌倉単位クラブ会長の内田一男さんです。議員になりたての頃に、内田さんが極楽寺地域の地元で開催していたサロンに幾度となく声をかけて頂いて、カラオケ等を一緒に楽しみながら、色々なお話しを伺ったものです。同じように末広シルバークラブのみらいふる鎌倉単位クラブ会長として社会福祉功労者になられた奴田さんと3人で嬉しい記念写真を。変わらぬ明るい内田さんの明るい笑顔に感謝したひと時でした。

 表彰に輝かれた皆さま、おめでとうございました。







maekawa-ayako * - * 12:35 * - * - * - -
このページの先頭へ