<< 台風15号を経験して | main | 鶴岡八幡宮のお祭り 宵宮〜例大祭 >>

鎌倉能舞台「能を知る会」東京公演 観世能楽堂にて

令和元年(2019)9月14日

鎌倉能楽では、昨年、平成30年(2018)6月から「鎌倉子ども能」を鎌倉市の新事業として始めています。これは、子ども達が、伝統芸能に触れ、実際に体験をし、関心を高めるためのプログラムです。実際に能舞台のある鎌倉ならではの事業ともいえます。
指導は、鎌倉能舞台観世流能楽師シテ方中森貫太氏です。20回程の練習を経て、今年の3月には発表会が鎌倉能舞台で行われました。私も見せて頂きました。演目は「土蜘蛛」でした。
今日の東京公演には、今年の卒業生の中から二人が選ばれて出演することになったのです。その一人が私の知人の娘さんで、幼稚園の頃から知っている、現在小学5年生の佐藤碧さんです。出演が決まった6月から碧さんの晴れ舞台を楽しみにしていました。
演目は、「仲光」。とても悲しい話ですが、幸寿と美女丸という子役が必要な演目で、碧さんは美女丸の役です。公演が終わった後に聞くと、始まる前にとても緊張していたということですが、とても緊張していたようには見えず、よく声も出ていて、堂々たる演技でした。すばらしい体験をしたことと思います。
公演が終わった碧さんは、いつものニコニコした可愛らしい笑顔になっていました。




maekawa-ayako * - * 19:27 * - * - * - -
このページの先頭へ