<< 平井隆一さん 『頼朝が幾何で造った都市・鎌倉』 出版を祝う会 | main | カエルの子 >>

たまねぎ

令和元年(2019)6月20日  老人農園でできた玉ねぎをみらいふる鎌倉のお二人が、市内の保育園の園児達にプ レゼントです。  園児の顔位ある大きな玉ねぎもあります。二つの籠に一杯の新玉ねぎです。とれた ての新玉ねぎです。  玉ねぎを使ったお料理はどんなのがある?という先生の問いかけに、肉丼!ハン バーグ!カレー!肉じゃが!オムライス!お味噌汁!次々と園児達の口から出てくる 出てくる色々なメニュー。  玉ねぎって色んなお料理に使っているのねー。と先生。 玉ねぎが嫌いな園児もいそうもありません。  玉ねぎのお礼に可愛い歌のプレゼントをしてもらって、みらいふるさん達はニコニ コです。  そして、園児の皮むき当番さん達が玉ねぎの皮むきを見せてくれました。慣れた手 つきでもくもくと薄いをむいていきます。上手にするすると皮がむけると、ツルツル の透き通るような新玉ねぎの実が出てきました。きれいに水であらって、調理室へ。 今日のメニューはカボチャとナスのそぼろあんかけ、その中に園児達がむいた玉ねぎ を使います。  元気に遊んで、お手伝いをしっかりした後は、美味しい食事ができています。







maekawa-ayako * - * 06:37 * - * - * - -
このページの先頭へ