<< 四季のうつろいを詠む   俳句の力 | main | ちりあやめ >>

第二中学校体育祭

令和元年(2019)5月19日 昨日、18日は第二中学校の体育祭が開催され、開会式から伺いました。気温は暑く もなく、体育祭で生徒達が競技やその準備等に動くには、丁度よい爽やかさ。吹奏楽 部の演奏でファンファーレが鳴り、入場行進が始まり、そして全生徒が整列したとこ ろで一人の生徒聖火ランナーが聖火を片手にグラウンドを一周して聖火台に無事点火 されて、体育祭が始まりました。 競技に励むと同時に、競技の裏方としてそれぞれの役目を甲斐甲斐しく動く生徒達の 様子を頼もしく思いながら拝見しました。中学生にになったばかりの一年生の競技に 取り組む姿も一生懸命です。数か月前にはまだ小学生だったのに、中学生となると、 グンと大きくなったような気がして、その成長を嬉しく見ながら応援の拍手を送りま した。 今日は、地元の高齢部(老人会)の総会が開かれ、二つあった高齢部が今年から一つ に合併して、新しくスタートすることになった初めての総会でした。そして浄明寺町 内で今年小学1年生になった子ども達のお祝い会がありました。『新一年生の歓迎 会』です。毎年恒例になっており、子ども会の役員さん達が開いてくださる会で、今 年の新一年生は24人。上級生や下の兄弟姉妹と一緒にマジックショー(二階堂のお 父さんがマジシャンです)を楽しみました。子ども達はマジシャンとやり取りしなが ら、次々と繰り広げれるマジックにすっかり引き込まれ、楽しい時間を過ごしていま した。見守る私達は、マジックは勿論ですが、子ども達とマジシャンのやり取りも面 白くてすっかり一緒に楽しんでしまいました。 地域での人と人との触れ合いです。



maekawa-ayako * - * 20:54 * - * - * - -
このページの先頭へ