<< 鎌倉子ども能 発表会 | main | 護衛艦おおなみ見学と横須賀軍港めぐり 鎌倉防衛協会 神奈川自衛隊家族会湘南地区会主催 >>

卒業式 鎌倉市立第二小学校

平成31(2019)年3月20日  良いお天気に恵まれました。  花冷えが続いているので、桜の花も咲いているものより蕾のほうが多い感じです。  鎌倉市立第二小学校の卒業式に、今年も参列致しました。  式会場になる体育館に入る時に、ウグイスが近くで鳴き、今日の卒業を祝っているようでした。  74名の生徒の卒業を祝うのは、校長先生をはじめ先生方と保護者の皆さん、在校生代表で5学年の児童達と私達は地域で見守る立場からの参列です。体育館へ向かうまでの校舎の壁や体育館のすべての壁には、卒業式には参列しない学年の生徒達が卒業生を祝う気持ちを込めて描いた模造紙いっぱいの絵等が飾られて、卒業式に大きな花を添えていました。  ピアノやリコーダー、アコ―ディオン、木琴、鉄琴等の演奏で伴奏を務める5年生の演奏にのり、校歌を含めて何曲もの歌のやり取りがあり、式が盛り上がりました。  先輩を見送り、後輩が一つ上に上がっていく一つ世代が進んでいく大切な時期です。その意識付けを大切に考えて式を構成していると感じます。本当に大切なことです。  子ども達は様々なことを経験して大きくなっていきます。言うまでもなく、その過程こそ子ども達の血となり肉となります。そして、その過程で出会った大人達が与える影響は大きいものです。先生も私達周囲の大人もそのことをよく意識しなければいけないと思っています。だから大人の関わり方は重要です。過干渉にならず見守ることは、ある意味で忍耐です。一方、危険と思った時には、素早く手を差し伸べることが必要なのは当然です。  その見極めは永遠に大人の課題であるようです・・・・・。



maekawa-ayako * - * 20:59 * - * - * - -
このページの先頭へ