<< 第42回 母と子どものふれあいトスベースボール鎌倉大会 | main | 第42回 母と子のふれあいトスベースボール総合大会の結果です >>

寒餅つき〜かるたとり

平成31(2019)年2月17日  町内会で恒例になっている『寒餅つき』です。  これまでミカエル広場の炊事場を借りて行ってきた『寒餅つき』ですが、今年から町内会館の脇の小さな駐車スペースと会館を会場にして開催することにしました。  この『寒餅つき』は、そもそも青年部の皆さんが始めた行事でした。それを町内会行事に変更した時期があり、以来、町内会行事として行ってきたものです。  10年程、その形で続きましたが、今回から『寒餅つき』を青年部にお返しして、その代わり他皆で手伝うといことに昨年末に話し合いをさせてもらい、快く青年部の皆さんは引き受けて下さり、会場も町内会館に変えての新たなスタートとなりました。  この『寒餅つき』は、子ども達に経験してもらいたい、というのが主な目的です。町内会以外に体験できる場面はあるかもしれませんが、やはり日本の伝統とも言える『餅つき』の作業、段取り等見ながら覚えておいてほしいなという思いがあります。それは若いお母さんやお父さんにもです。  子ども達が餅つきのまねごとができるように、昨年は比較的軽い子ども用のキネを買いました。集まった子ども達にそのキネでお米をつく感触を知ってもらいます。  味は、お汁粉とお雑煮。他に湯豆腐やうどん等青年部の皆さんのサービスがあり、細かい雪が時折舞ってくる寒さの中でしてので、温まりました。女子会の甘酒のサービスもあります。甘く、そしてショウガが効いていて、毎年好評です。  会館の二階では、子ども達の『かるたとり』を開催しました。町内会では初めてです。建長寺で毎年行われる『鎌倉かるたとり』にも参加する程の腕前の子ども達が中心に集まり、練習の段階から盛り上がりました。他に輪になって座り、トランプやウノを楽しむ様子を見て、何となく床でゴロゴロしながら友達と楽しむ場所が必要なのだ、と改めて感じました。  初めての町内会館での開催でしたが、まずは上手く言ったのではないか、と思っています。日頃、火の扱い等に慣れている青年部の皆さんのお陰で、場所が変わっても楽しく進めることができました。  子ども達、お父さん、お母さん、町内の高齢部の方達、そして観光で通りかかった方達にも振舞い、てても賑やかな交流の場となりました。





















maekawa-ayako * - * 10:24 * - * - * - -
このページの先頭へ