平成31鎌倉市消防出初式

平成31(2019)年1月6日  元旦から毎日、穏やかで暖かな日が続いて・・・・なんて言っておりましたが、今日は、一転、厳しい寒さに変わりました。冷たい風が少しあり、空は曇天で、部分日食が3年ぶりに見られるかもしれない、と楽しみにしていたのも、残念ながら、全く望めない天気となりました。  そんな寒空の下、今年の消防出初式が山崎浄化センターで開催されました。 平成時代は、『災害の年』という代名詞がついてしまう程、様々な災害に全国的に見舞われました。防災に対する意識や取り組みが強く進められた時代です。  県知事表彰、市長表彰、20年勤続、15年勤続、優良消防分団、優良消防団員、それぞれに該当する消防団員や消防団への表彰が終わると、恒例の鳶職の方達による梯子乗りのとまといの振込み、そして消防団(第22団)による小型ポンプ操法、そして今年初めて出場した子ども消防隊による放水演技、消防部隊による総合訓練(川の洪水で車が水没し、車内で逃げ遅れた人の救助を想定しての訓練)、そして最後は、恒例になりました消防団による一斉放水訓練が次々と披露されました。  各演技披露では、最近特に質のの向上を感じています。  子ども消防隊による放水演技では、鎌倉消防で作成したという特製の小さな可愛い消防自動車と一緒に消防服を着た子ども達が入場し、放水演技は初披露でした。愛らしい子ども達の姿に皆注目です。将来消防士になってくれることに繋がるという願いも込めれています・・・。  総合訓練は見ごたえがありました。  いざという時に、住民である私達の先頭に立ち、あるいは助け合って地域の支援活動を行う消防隊や消防分団に日頃の活動に対し心からの感謝をもって、敬意を表し、拍手を送りました。  地元に戻ったら、今年は、さらに防災訓練の充実や最近災害時の使用に取り入れたトランシーバーの活用、そして避難所マニュアルの作成等、今年も力を注がなくてはと改めて思う今日の出初式でした。  それにしても冷たい寒さで、演技をされている方達の手もさぞかしかじかんでしまっていることだろう、とあんじる出初式でもありました。




























maekawa-ayako * - * 06:48 * - * - * - -

手斧始め式

平成31(2019)年1月4日    午後1時。鶴岡八幡宮の舞殿前で執り行われる『手斧始め式』。  今日は、いつもより暖かに感じました。  鎌倉建築組合と鶴岡八幡宮の御奉仕で儀式が進められます。  鎌倉建築組合は、元禄16年、1704年に発足した伝統ある組合です。300年以上も続いている鎌倉建築組合には、発足から行われてきた行事について細かく記された文献が現在もしっかりと保管されているそうです。式典後の直会で、山田信和組合長は、「長く続いた伝統ある組合だから、つぶしたら大変なんだよ」といつもの明るい笑顔で話され、組合長としての意気込みを感じました。そして、「今日の手斧始め式の演技を見て、自分が嘗て奉仕をした頃より数段上手になっていると感じて、とても嬉しい」と奉仕された建築業の皆さんに激励の言葉をかけられました。鎌倉の誇りです。  手斧始め式が終わると、同じ場所で鎌倉鳶職組合の皆さんの『梯子乗り』演技の披露が行われました。(鎌倉鳶職組合の皆さんは、手斧始め式に必要な4メートルのご神木を木遣唄をうたいながら、舞殿に運ぶ役目をされます。)参拝に訪れた人達は足を止め、一つ一つの高い演技に歓声と拍手を送ります。どんなに暖かいといっても、冬ですから長時間外にいれば、手は冷たくなりかじかみます。そんな中での梯子演技を見守る気持ちは、素晴らしいと心配が混在します。若鳶さん達の演技、素晴らしかったです。こちらも、鎌倉の誇りです。





maekawa-ayako * - * 16:54 * - * - * - -

腰越漁港 『舟祝い』 みかんまき

平成31(2019)年1月4日   今日も穏やかな天候に恵まれた一日となりました。  午前9時。今年も相州 陣道大鼓の演奏と共に威勢良く始まりました腰越漁港の『舟祝い』です。   陸に上げられた船から、あるいは堤防に繋がれた船からみかんやお菓子をまいて、今年一年の海の安全と豊漁を祝いました。  今年の恵方は東北東。その方角に3つのみかんを一つずつ投げて、それが同時にみかんまきの相図になります。  きらきらと水面に朝陽が輝き、風もなく波が立たないために鏡のようです。そして富士山が裾まで見えて、何とも美しい新春にふさわしい風景でした。









maekawa-ayako * - * 11:31 * - * - * - -

『舟祝い』 材木座 豊漁と漁港建設の前進に願いを込めて!!!

平成31(2019)年1月2日  材木座の『舟祝い』です。今日も良く晴れています。風もなく穏やかな新年2日目です。  多くの人が今年も集まりました。    昨年は、決して漁にとっては、良い年とは言えない年でした。    今年こそは豊漁だりますように、という漁師さん達の思いを願いに込めて!!!  そして、鎌倉市としてもやっと進み始めたように感じる『漁港建設』への前進にもっと加速をつけたいという強い強い思いを願いに込めて!!!  みかん捲きで祝う『舟祝い』に今年も参加しました。

  船の上の家族は、材木座のもんざ丸の修行から独立して1年の長久保さん。昨年の秋には、1尾で40キロもするスズキを釣って大喜び。釣ったその日に偶然会い、ご本人の喜びの声と仲間達が称賛する声を聞いて、私まで嬉しくなった日を思い出しました。  今年も一層頑張って、シラスを獲りたい、と元気に語ってくれました。

















maekawa-ayako * - * 16:06 * - * - * - -

新しい年が明けました。 『平成』最後のお正月を迎えました。

平成31(2019)年1月1日   新しい年が明けました。今年も元気にお正月を迎えられましたことに心からの感謝をしながら、『平成』最後のお正月をお祝いしました。  穏やかに晴れて、透き通るような青空。冷たい外の空気は、ぴんと引き締まります。  ジョウビタキがヒッ・ヒッ・ヒッ・ヒッと薮の中で鳴いています。 残念、姿は見えません。   干支は『亥』。いのししの年です。『猪突猛進』という4文字熟語で表される猪の印象は、やたらめたらに強引に進むというものですが、決してそうではなく、「前向きに進む」という良い意味であると鶴岡八幡宮の吉田宮司様のお言葉を頂きました。   本当に前向きに進みたいものです。   可愛い猪の親子の絵は、このお正月に90歳になられる居合道十段の坐間幹夫さんの作品です。昨年末に頂きました。
maekawa-ayako * - * 16:03 * - * - * - -

前川あやこレポートNO.59を発行しました。

市役所移転を問う住民投票条例案を審議した11月臨時会。

この議会報告を中心としたレポート59を発行しました。

ぜひご覧ください。ここをクリックするとお読みいただけます。

maekawa-ayako * - * 19:20 * - * - * - -

海上自衛隊 掃海艇えのしま 湘南港入港歓迎会

平成30(2018)年12月22日  生憎の雨です。江の島ヨットハーバーのヨットハウス2階の大会運営室で、海上自衛隊『掃海艇えのしま』の乗り組員である海上自衛隊の皆さんとの交流会が開催されました。毎年恒例となっている入港歓迎会は、今年で17回目を迎えます。  関東三大イルミネーションの一つである江の島の『湘南の宝石2018〜2019』に合わせて、毎年海上自衛隊『掃海艇えのしま』が湘南港に入港します。湘南港には一泊して、廷内の一般公開と夜間には電灯鑑飾を行います。  この『掃海艇えのしま』は、平成24年に造られたものです。当時、『えのしま』の名前がつくことに、地元のものとして、私達はとても喜んだのを思い出します。  シ―キャンドルと呼ばれている江の島の灯台をはじめ、『掃海艇えのしま』そして停泊中の沢山のヨットに電飾されて、江の島の夜は、さまざまな光に彩られます。  その様子を窓の外に見ながら、海上自衛隊『掃海艇えのしま』の乗組員の皆さんと日頃の訓練の様子から家族の話まで、楽しく談笑しながらの歓迎会でした。  健康に気をつけて、元気で日頃の活動に従事されるよう激励して、歓迎会は解散となりました。  年が明けるのも、後1週間と少し、今年もいろいろなことがありました。そんなことを思いながら迎える年の瀬まじかの行事です。
maekawa-ayako * - * 13:00 * - * - * - -

矢野ふきこさん

平成30(2018)年12月14日  矢野さんは、PTA時代のお友達です。鎌倉市内でも学校地域は違いますが、お互いの小学校の役員をしていたことから友人関係が続いています。  矢野さんは、料理研究家で鎌倉漁業協同組合のフード・アドバイザーでもあります。シラスの沖漬やアンチョビのパスタソース等の商品の生みの親です。神奈川県のなでしこブランドも取得しています。  今回は、鎌倉の海岸に打ち上げられた海藻を粉末にして飼料と混ぜ、食用の豚あるいは鶏に与えて育て、その精肉が栄養価が高く、あるいは味がよくなることを考え、さらには、その海藻取りが障害者の方達の仕事になり、やがて食用肉となって商品として売ることも障害者の方達の仕事となるように、という構想を話されたのが、今年の5月。  そこから、家畜の飼料の仕事をしている私の友人に相談したり、鎌倉市の担当になりそうな部に説明の時間を設けたりすること等、何時間も喫茶店でああじゃないこうじゃないと話しながら、まずはできることからを探りました。こうしてこのプロジェクトが動き始めました。  海藻拾いを始めようとした頃は、丁度海開きの前で海岸清掃が終わった後でした。最初の海藻拾い前の海藻の状況の偵察に海に近い私が偵察に行ったことを思い出します。運よく、清掃の後に海が荒れて海藻が打ち上げられていました。私自身時間が合わずに拾う作業のお手伝いはできませんでしたが、海藻を拾い集めた矢野さんは岡本の自宅で海藻を干して、それを粉末に。  粉末の機械も自前で用意して、その粉末にした海藻を持って、矢野さんは説明に歩いたのです。  そして、いろいろな場面を乗り越えて、豚に海藻を食べさせて育ててくださる臼井さんと出会い、最初の構想通り秋の試食会を実現されました。試食会にもお招き頂いていましたが、時間が合わずに私は伺えませんでしたが、試食会に参加した知り合いも確かに海藻を食べて育った豚とそうでない豚の味は違い、その違いは焼いて熱いうちに特に良く分かるということでした。  これからは空き店舗等を利用しての販売方法を探る段階となります。  毎日打ち上げられる海藻の利用ができないか・・・ということから考え出された取り組みです。  矢野さんのこうした繋げる構想は素晴らしいと思います。  海藻で育った豚の製品の命名も楽しみです。これからも一生懸命応援していきます!!
maekawa-ayako * - * 12:10 * - * - * - -

第22回ふれあいダンス・パーティ

平成30(2018)年12月8日   深沢行政センターホールで開催される恒例のダンス・パーティです。みらいふる鎌倉が主催です。  午後1時半開催ですが、早くから皆さん素敵なコスチュームを身につけて、会場に集まっておられました。80人以上の皆さんです。  開会式でご挨拶させて頂きました。みらいふる鎌倉の社交ダンス講習会の指導をされている北条俊彦先生のパーティ―が始まる前のウオーミングアップ指導の相手役を務めさせていただきました。初めてではありませんが、毎回緊張します。  今年から垂れ幕が新しく作られて、その垂れ幕の前で皆さんで記念撮影。  そして、ダンスタイム。  数年前に代表になられた竹村二三子さんは、明るく元気に皆さんをリードされ、楽しい雰囲気のパーティを開催されています。



maekawa-ayako * - * 12:00 * - * - * - -

ウインターパーティー

平成30(2018)年12月8日  今年で3回目になります。町内会のウインターパーティ―です。世代間交流を目的にした今年最後の行事です。クリスマス前なので、会場はクリスマスの雰囲気を作り、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやおかあさん、そして子ども達が集まってゲ―ムをしたり、歌をうたい、手品や腹話術を楽しんだりしながらの2時間です。  町内会の女子会が中心となって行います。メンバーには一人5つずつ、手作りのクリスマスオーナメントの作成がノルマです。それぞれ思い思いに手作りしました。今年の私の作品は、松ぼっくりとクレーねんどを使ったものにしました。この作品は、帰りに皆さんのお土産になります。とても喜んで持って帰ってもらえるのも嬉しいです。  子ども達の楽しそうな笑顔、おばあちゃま達も一緒に笑顔。そして私達も笑顔で楽しい時間を過ごしました。  私は、関谷の子どもの家のオープニングから戻って、会場のフレンドりー・鎌倉青少年会館にかけつけました。












maekawa-ayako * - * 11:45 * - * - * - -
このページの先頭へ