佐山武氏の講演 私の箱根駅伝〜重かったNランとピンクの襷

平成30(2018)年6月30日  日本大学OBの佐山 武さんは、昭和54年に開催された『第54回箱根駅伝』で9区(戸塚からの復路)を走られた選手です。  今日は、横須賀桜門会の総会が横須賀市内のホテルで開かれ、私は鎌倉桜門会からの来賓として出席し、佐山さんの講演を聞かせて頂きました。佐山さんとは殆ど同じ世代です。か  「エッサ、ホイサ、エッサ、ホイサ」という伴走車からのかけ声に合わせて、雨が降る中、1時間19分45秒、5位という成績で走り抜き、入賞。  大学4年間、幾度も足の故障に悩みながらも、3年生の時に出場が叶い、Nという日本大学のイニシャルを付けたランニングシャツと桜を象徴するピンクの襷を肩にかけ、全身に大学代表の責任の重さと誇りからくる緊張をひしひしと感じながら、沿道からの多くの熱い応援に力を得て走る姿が目に浮かびました。  横浜駅付近を通り抜ける時、冷たい風が体を冷やすそうです。当時は、テレビ中継はまだ行われていなかったので、応援する人達は、ラジオでの実況放送を聞きながら、近づいてくる選手達を沿道で待っていたそうです。  世界に通用するマラソンランナーを日本から出そう、という発想で始められた箱根駅伝に出場できる選手の数は、たったの150人。150人のうちの一人に選ばれることは、家族にとっても大きな喜びです。







maekawa-ayako * - * 11:38 * - * - * - -

第40回母と子どものふれあいトスベースボール鎌倉大会

平成30(2018)年6月23日  第40回を迎える『母と子どものふれあいトスベースボール大会』です。深沢多目的広場と三菱グランドを使って同時に行われる大会です。  ヒバリが空高く鳴いていますが、空はどんよりしていて、大会中の天気が不安です。  いつものように20チームが元気よく整列しました。お母さんと子どものとても元気な宣誓もありました。  午前9時からの開会式を手早く行い、大会を開始しました。  どうか、お天気がもちますように・・・・・。  残念なことに、午前のうちに雨が降り出してしまいました。




maekawa-ayako * - * 06:29 * - * - * - -

6月議会での一般質問

平成30(2018)年6月20日   13日から6月議会定例会が始まりました。  今定例会の一般質問の日程は、5日間の予定です。ここ最近の鎌倉市議会では、本会議、そして常任委員会は、午前9時半から午後6時までを原則とし、そうした時間を守ることに努力し、会期に影響を及ぼさないように議会運営にそれぞれの議員が協力することとしています。間に長い休憩をとることがないようにも努めています。今回の定例会では、初日冒頭で、議長の選挙、そして副議長の選挙等の役員改選を行うために午前中を費やすことになっておりました。議長・副議長・監査・各常任委員会の委員長や委員構成等が決められるのです。そうしたことが円滑に進むように、6月議会初日の約2週間前に役員選考委員会が設置され、事前に役員選考委員会の委員長と副委員長が中心となって、議会内でのやり取りを経て、初日冒頭に選挙に入ることができるように整えらていました。今回から議長、あるいは副議長を目指す議員の所信表明をする制度を取り入れました。そして6月議会初日の選挙は行われました。役員選考委員会は、所信表明を行った議員(議長を目指す議員、副議長を目指す議員は一人ずつで、複数いませんでした)で整えていたのですが、それは全く無効にされるという結果となったのです。その結果は、他の役員や委員会構成等かなりの部分を決め直す事態を引き起こしました。その決め直しに午後を使うことになり、結局、役員の改選に纏わることに初日のまる一日を費やすことになったのです。そして、日程は一日ずつずれていきました。  私の一般質問の順番は15番目でした。19日の最後と20日の最初に跨って、一般質問を致しました。  今回は、 1.鎌倉の緑について  緑の維持管理のための体制について  2.障害者雇用について ワークステーションの現状と今後について 「鎌倉市障害者2000人雇用センター」について  という2つの大きな項目を立てての質問です。  緑については、鎌倉の緑の維持管理と保全の間で、法律上とはいえ複数の部や課が鎌倉の緑を担当していることから、これからの鎌倉の緑についての市の構え方が分かり辛いと日頃から強く感じています。そこで、例えば『緑局』というように、鎌倉の緑については全て、『緑局』が網羅する・・・・といった体制をとれないものか、と提案しました。  障害者の雇用については、私なりに、これまでも幾度となく取り上げてきましたテーマです。  4月に庁内で設置されたワークステーション、そして福祉センタ―内で始まったばかりの『鎌倉市障害者2000人雇用センター』について、いずれも障害者の雇用のための鎌倉市の政策です。動き始めたばかりの出来たてほやほやの取り組みです。まだヨチヨチ歩きの状態かもしれませんが、着実に成長して、拡大されていくことを願いながらさらに提案もし、質問致しました。
maekawa-ayako * - * 06:27 * - * - * - -

第二中学校の草刈り

平成30(2018)年6月17日  朝9時に第二中学校に集合しました。  『第二中かっぱの会』のお父さん達6人と校長先生、そして教頭先生と一緒に第二中学校の敷地内の生徒達がサッカーの練習に使う草はらの一部を草刈りしました。  『第二中かっぱの会』の発案で、第二中学校敷地内の木々や草の伐採を、これから少しずつ行っていくことになりました。  今日は、その初日です。私もお手伝いに加わりました。  第二中学校は市内で緑が最も多い学校です。私の母校でもあります。私の在学中に同級生の数名の男子が、ワンゲル部を作りたいと言い始め、それが発端で、学校の裏山にグリーンコースを巡らし、私達生徒も先生と一緒に草刈りをしながら、コースを整備をした記憶があります。  そのコースが今でも残されており、3年生が卒業を目前にした特別時間割の中で、風致保存会の方達の指導の下で、草刈りをしているそうです。  この前の冬に、一度かっぱの会のお父さん達とグリーンコースの今の現状を把握するために一周歩いてみました。気になる箇所が幾つかありました。    今回は、冬と違い、木や草が茂り、技能員さんも日頃、敷地内の崖地の草を刈って下さっていますが、他に手の届かない所をお手伝いしようということで、今回の草はらの草を刈ることになりました。  西御門町内会(第二中学校の地元)の会長さんにエンジン付き草刈り機を2台お借りして、会長さんから使い方の指導を受けながら、お父さん達は、草刈り機体験をし、その動力の素晴らしさを実感していました。私は、その傍で鎌を持っての草刈りに専念しました。  皆で3時間、45リッタービニール袋100枚分の草を刈りました。  うす曇りで、草刈りには丁度よい気候です。でも、やっぱり暑い。暑いけれど、刈り終わって整然とした部分を見渡すと、一応に満足です。



maekawa-ayako * - * 22:47 * - * - * - -

五所神社のお祭り 宵宮・本祭り 神輿が渡ります

平成30(2018)年6月9〜10日   五所神社のお祭りです。6月の第2週の土・日と決まっています。  予定通り、夕方6時半に神社から材木座の町に神輿が繰り出ました。  台風5号が接近しているという気象情報に雨を心配しましたが、宵宮降らずに済みました。  翌10日の本祭りでは、午前10時から、本殿での例祭が終わると雨がぽつぽつ降り出してしまい、神輿の渡御終了まで雨が止まない一日となってしまいました。   そんな悪天をものともせずに、五所神社の神様は神輿に乗り、町の中を今年も廻り渡りました。

















maekawa-ayako * - * 09:48 * - * - * - -

ふかさわ子どもの家・子どもひろば開所式と内覧会

平成30(2018)年6月9日  かねてより準備されてきた「ふかさわ子どもの家・子どもひろば」が深沢小学校に隣接して建てられ、午前10時から開所式が行われました。  『放課後かまくらっ子』として始まるのは、11日の月曜日からです。  一つの建物に「ふかさわ子どもひろば」と「ふかさわ子どもの家『すずめ』」が併設され、校庭や体育館を含め、決められたルールの下で、子ども達が放課後の授業が終わった後、そのまま学校敷地内から離れることなく過ごすことができる場所です。  これまで、深沢小学校では、子ども会館・子どもの家の機能を4つの教室を活用して運営していましたが、利用者の増加で環境の悪化を指摘する声が議会からもありました。 そこで、学校の敷地内に施設を建て、その運営の仕方を『放課後かまくらっ子』とすることで、待機児童の解消と環境の改善が行われました。  すでに登録する子どもの数はかなり多いようですが、運営の工夫をして頂いて、子ども達ができるだけ快適に過ごすことができるような場所となるように期待しております。  さらに、これまで使用していた4つの教室については、『情緒通級教室』と『特別支援学級』になり、教室の改修工事を行って、来年の4月にオープンの予定です。  今泉小学校に最初にできた『情緒通級教室』から2つ目の教室が深沢小学校にできることとなり、2つ目の設置を求める声を頂いている者としても嬉しいことです。







maekawa-ayako * - * 10:43 * - * - * - -

平成30年度 大船地域づくり会議 避難運営マニュアル報告会 

平成30(2018)年6月3日  午後2時から旧大船駅周辺聖地事務所会議室で『平成30年度 大船地域づくり会議 避難運営マニュアル報告会』が開催され、東部地区(十二所、浄明寺、二階堂、西御門等)でもマニュアルを作りたいと考えているので、傍聴させていただきました。  大船を小学校区で分けると、小坂、山崎、今泉、大船の4つになります。今日は大船小学校区の報告会です。  避難所の運営マニュアルの必要性は、阪神淡路大震災が起きた頃から言われるようになったと思います。当時の被災地、神戸のある小学校で避難所の運営をすることになった元自衛官の方の講演を鎌倉の商工会議所ホールで聞いたことがありました。被災した中での混乱した状態のまま、避難所を仮の居場所の環境づくりは、たやすいものではなく、市民同士が衝突することも少なくなく、運営することの大変さを知ることができた公園でした。  それから相次いで各地で震災があり、7年前の東日本大震災では、避難所の運営について、大きな課題となりました。  それにしても東日本大震災から7年が経過し、だんだん一人一人の地震災害に対する意識が薄れかけていることが心配、ということで、当時の状況を振り返ることから会は始まりました。横浜市内を流れる川に津波が到達した波の様子が映像に写し出され、改めて身近であることを感じたのです。  被災後、避難所に集まった人が誰でも避難所に行けば、誰が見てもわかるように基本的な運営方針が示されているということです。  口で言うのは簡単ですが、一からの作成には沢山のご苦労があったことがわかります。   大船まちづくり会議で、避難所運営マニュアルの作成に取り掛かった当時はまだなかった『避難所マニュアル策定指針』が、この 4月に県から示され、改めて指針がない中で作成されたことに敬意を表する次第です。  これからの課題は、マニュアルに基づいて、訓練実践を行っていくということが何より大事なことになります。実際に実践されながら、また新たな課題をみつけながら、見直しをかけて、より機能性の高いマニュアルになって行くことになるのだと思います。  これから作成していこうということで、しっかり自分達事として傍聴させて頂きました。  報告が終わり、意見交換の時間の中で、議員の行動指針は防災マニュアルに示されているのか、という質問を受けました。地域のことを良く知っている議員は頼りになる存在だから、是非、行動指針を示してもらいたい、というご意見でした。確かに明記はされていませんので、議会に戻り、どのように示していくことができるかを考えることを約束しました。    後日、議会で山田議長とこのことについて話し合いました。タイミング良く、事務局とともに議会のBCPを考えようとしていたところでした。どういう形で示すことができるかを含めて、議会として有事の際の行動指針を示すことができるように努力していきたいと思います。

maekawa-ayako * - * 21:01 * - * - * - -

谷戸のアジサイ

平成30(2018)年6月1日    何年も前ですが、今ではもう引っ越されて谷戸にいらっしゃらない方ですが、谷戸のこの空き地にアジサイの枝を沢山さし木されました。  その枝が大きく成長して、今では、ちょっとしたアジサイスポットになっています。  日に日に青さが増して、朝陽を浴びて美しく咲き、住んでいる私達を始め,通りかかった人達の目を和ませてくれます。  夜には、このアジサイ群から蛍も飛びます。  一年の間に何回も周辺の草取りや枯れ葉集め、枝払いのような整備を近隣で行っています。  タマアジサイの群生地にもなりつつあります。これも周辺の草刈りや枝払いをしているからです。タマアジサイの花はもう少し先ですが。



maekawa-ayako * - * 20:59 * - * - * - -

ヒキガエル

平成30(2018)年5月26日 今年もヒキガエルが庭の隅のいつもの場所に現れるようになりました。 「久しぶりね。今年も会えたね。」と声をかけます。 別に特に反応があるわけでありませんが。何となく。1年ぶりの再会なので嬉しさもあって。 彼?彼女?はジッと喉をヒクヒクさせてながら門燈の光に虫が動くのを待っています。殆ど動きません。 そう言えば、この間巣立っていった3匹の子ガエル達は、どこの茂みにいるのでしょうね。



maekawa-ayako * - * 20:58 * - * - * - -

30キロの新玉ねぎをプレゼント みらいふる鎌倉から

平成30(2018)年5月25日  二階堂にある老人農園でとれた約30キロある新玉ねぎです。「スライスして鰹節とポン酢かけて食べると美味しいよー。玉ねぎの上に茎がついていて、土から長い茎が本当hあって、この部分は土の中にあるのですよ。みんな、あんまり見たことないかもしれないね。」農園の福井さんのお話しを目をくりくりされながら、ジ~っと聞いている子ども達は70人の年長さん達。  未来ふる鎌倉(鎌倉の老人クラブ連合会)は、世代間交流として、毎年、農園でできた玉ねぎやジャガイモを市内の幼稚園にプレゼントしています。他にもみらいふる鎌倉の皆さんは、市内の幼稚園でスイトンづくりをしたり、ハーモニカや琴等の演奏を披露したり、また鎌倉の海岸で鎌倉漁業協同組合の皆さんに協力頂いて、地引網を通して世代間交流を行っています。私もこの世代間交流の考え方を応援しております。  今年の玉ねぎは、鎌倉女子大付属幼稚園にプレゼントです。  園舎内のホールに通して頂いて、贈呈式を子ども達でして下さったのです。  この玉ねぎをどんな風にして食べましょうか。夏のお泊り保育の時のカレーに使いましょうか、それとも・・・・どんなお料理にすれば、子ども達と楽しく食べられるかを考える先生達の新玉ねぎにかける夢がどんどん膨らんでいるようでした。  子ども達は、一人一人玉ねぎを触って、「早く食べた~い」と嬉しそう。  式の終わりに、園歌を子ども達が私達にプレゼントしてれました。思いもかけないことで、可愛い歌詞の園歌に心が和む贈り物に福井さんも私もとても嬉しく感激しました。  玉ねぎはどんな料理になって子ども達をよろこばせてくれるのでしょうか。 楽しみです。







maekawa-ayako * - * 20:56 * - * - * - -
このページの先頭へ