『鎌倉まつり」、そして よりともジャパン議員連盟の交流

平成30(2018)年4月15日  4月8日から始まった鎌倉まつりが今日の流鏑馬で終了しました。  一週間前の週間予報で、流鏑馬の日は前日から当日にかけて悪天候とされていました。当日はカッパを着ての見物となることを覚悟していましたが、朝方の雨はだんだんとあがり、流鏑馬が行われる時間にはすっかり止んで、青空も雲間からのぞくようになり、爽やかに晴れが広がる空となりました。  鎌倉まつりの初日の行列に私も篠笛で参加したことは、すでにブログに載せております。  初日以来、静の舞、頼朝公墓前祭、そして「伊豆の国市子ども創作能「鎌倉宮に於いて」、そして流鏑馬と4日間には、『よりともジャパン(源頼朝観光推進協議会)議員連盟』のメンバーの方達が、それぞれに希望する各行事に参加され、連盟の会長としてお迎えし、ご一緒しました。  まずは、初日の行列に源頼朝公ゆかりの千葉県安房郡鋸南町から甲冑隊列が参加されました。この甲冑隊は、鋸南町の源頼朝観光推進協議会のアピールも兼ねて実行委員会の皆さんが40人近く鎌倉入りされたもので、この甲冑隊を率いて鋸南町の黒川大司議員が当日は、源頼朝の役を務められました。鋸南町からは、他に鋸南町から渡邊信廣議員、青木悦子議員、鈴木辰也議員と小田原市から副会長の鈴木敦子議員もみえて、事務局の内田隆久氏も含めての6名の皆さんは、同日午後3時から行われた舞殿での『静の舞』をご覧になり、静御前の美しくも悲しい物語を想いながら舞を堪能しました。  13日の頼朝公墓前祭には、三島市から杉澤正人議員と大石一太郎議員が参列され、昨年の夏にお二人はやはり墓前に来られており、当時の暑かった鎌倉とは違う八重桜の頃となった爽やかな春の鎌倉を楽しでおられました。  14日は、『伊豆の国市子ども創作能』で、途中雨が少し降り出してしまう天気となってしまいましたが、伊豆の国市の小学校1年生から高校3年生までの25名による『伊豆の頼朝』が披露されました。  そして今日、15日は、伊豆の国市から柴田三敏議員、森下茂(新入会員)議員、笹原恵子(新入会員)議員と事務局の内田氏とご一緒に流鏑馬を堪能しました。日程調整が難しい中で、鎌倉まつりが行われている期間の中で、多くのよりともジャパン議員連盟の皆様との交流ができ、有意義な時間であったことを改めて振り返ったところです。  頼朝公の事だけでなく、それぞれの市町議会の課題や話題についても共有できる時間となりました。今年の総会は、鋸南町で行う予定としております。

















































maekawa-ayako * - * 20:47 * - * - * - -

季節の贈り物

平成30(2018)年4月11日  早朝の宅間川です。  2羽のカルガモがゆっくりと川を上っていくのを見守りました。  恐らく番でしょう。毎年この時期に何度か滑川から支流のこの川に入ってきます。  一週間くらい前からオオルリが鳴き始め、少しずつ春に別れを告げながら、初夏の訪れを告げているように聞こえます。  他にヤブサメやセンダイムシクイ、ウグイス、キビタキのこの季節特有の囀りをそれぞれが披露しています。  草花、そして木花のいずれもグンと音さえ聞こえませんが、成長する度に音でもしそうに毎日芽や枝が伸びて、蕾を膨らませています。  雨が降ると、その翌日の陽射しは、草木にとっての何よりの栄養と言わんばかりで、地球一杯のエネルギーを吸い込もうと懸命です。  アゲハやカワトンボも飛び始めました。  今年の夏は例年にも増して暑いそうだ、という情報も飛び交っています。  さて、数週間前のことです。私が庭にいると、5〜6人の女の子達が通りかかり、「前川さ~ん」と声をかけてくれました。小学校高学年の地元の子達でした。小さい時から知っている顔なじみの女の子達です。  これからオタマジャクシをとりにいくということでした。「いいわね。私にも少し分けてね。」なんていいながら、見送りました。数時間後、彼女達は賑やかに戻って来て、「これ前川さんの分で~す」と言って私の分としてちゃんと白い紙コップに数匹を分けて持って来てくれました。とても嬉しかったです。「パンを食べさせるといいみたい。」と教えてくれました。大事に育てて、育ったら報告することを約束しました。束の間ですが、とてもほのぼのとして、何とも言えない優しい会話と温かな気持ちにしてくれるひと時でした。  子ども達の遊び方も近年では色々な変化があり、ついていけない大人の一人だと感じている昨今ですが、オタマジャクシをとりにいく、つまり自然の中で遊ぶ、という発想が子ども達の中にあることがわかったことも私にとってとても嬉しいことでした。  私自身も子どもの頃によくオタマジャクシやザリガニを育てた経験がありますが、こんな風に思いがけず、オタマジャクシをプレゼントしてもらい育てることになるとは。オタマジャクシが少しずつ大きくなっていくのを見ながら、彼女達の顔が重なり、「しっかり育てなくては…」という不思議な緊張感を覚え、その緊張感を楽しんで育てているところです。





maekawa-ayako * - * 20:45 * - * - * - -

第60回鎌倉祭り

平成30(2018)年4月8日 今日かランチ「鎌倉祭り」が始まりました。風もなく良いお天気、日焼けしそうな日差しが眩しい一日になりました。 今年で第60回を迎える鎌倉祭りのオープニングを飾る行列巡行に参加しました。 一昨年の鎌倉祭りでは、段葛の改修工事完成の翌年にあたり、議長という立場で、市長が頼朝役、私は政子役をいただき、着物を着て、行列に参加させて頂き、段葛を巡行でした。 鎌倉祭りの行列巡行については、段葛の改修工事もあり、また従来の行列の形を変えるためなどにより、従来行っていた市内各地区のお神輿巡行を含めた行列をここ数年ほど休んでおりました。 今年から、市内各地区のお神輿巡行がこれまでとは形を変えて参加することになりました。そこにお囃子にも参加の声がかかり、私が所属している十二所の篠笛の会も十二所にお囃子会に含めて参加できることになり、参加させていただきました。 お囃子の笛はほとんどの音が高音です。大変難しいです。歩きながら吹くというのも大変なことだというのを体験しました。 益々練習が必要だということを実感し、良い機会を頂きました。
maekawa-ayako * - * 13:44 * - * - * - -

鎌倉漁業協同組合 朝市 100回記念

平成30(2018)4月1日 今日で、100回を記念する 鎌倉漁業協同組合の朝市です。 いつものように、坂の下のパークホテル前で開かれました。 良いお天気。風もなく、暑いくらいです。 大きなワラサに鎌倉エビ、薄紅色のイカ、カマス、サバ、サザエ、シラス、イワシなどなど。 100回記念にワカメの味噌汁が振舞われました。はごたえのある美味しい鎌倉のワカメ汁でした。 鎌倉に漁港建設を願って。。。とにかく船揚場の整備を。。。と願い、行政に言い続けて、今年で9年目です。 鎌倉漁業協同組合は、漁港施設を持たない厳しい就労環境に置かれていますが、若手後継者にも恵まれ、こうした朝市だけでなく、市民に新鮮な魚介類を市内のスーパーなどに卸して届けていただいています。 漁港施設がないために、獲った魚をすぐ加工する場所もなく、従ってすぐうる場所もないので、なかなか市民には、鎌倉の魚であることが分かりずらいのが現状です。 漁港を求めるのにはハードルがやや高いというのが今の実情なので、仕方なく船揚場の設置と言っていますが、求めるところは変わりません。 これを「漁業活動支援施設の整備」と行政の言葉では言いますが、現在、この整備について、やっと国の水産庁と協議ができるところにこぎつける見通しとなりました。市は県と協調して、水産庁をはじめとした関係機関との協議に向けた準備を鋭意進めているところ、というのが現状です。ああ、やっと一歩です、どうぞ上手く進みますように。。願いを込めてしまいます。







maekawa-ayako * - * 21:42 * - * - * - -

東北復興支援10年プロジェクト 〜鎌倉から東北に思いをよせる〜チャリティーイベント 第6回

平成30(2018)年3月31日 3月21日の春分の日には雪が降り、一瞬冬に戻り、それからぐんぐん春に向かい、花たちが次々開いて、鳥たちもさえずりを上達させています。 多くの人をそわそわさせる桜の花も散り始め、ひと風ごとに、ひらひらとはらはらと枝から離れて、舞い落ちてきます。地面は、花びらで白くなります。 そんな3月の最後の日です。今日は、第6回目を迎え「東北復興支援10年プロジェクト〜鎌倉から東北に思いをよせる〜 チャリティーイベント 第6回 宮沢賢治の詩・童話と音楽の律べ」が、鎌倉生涯学習センターホールで、午後2時から開催されました。 この会では、毎回 、フリーアナウンサーのは浜田淑子さんによる宮沢賢治の童話の朗読が行われます。子どもの頃に読んだ宮沢賢治に作品はそれほど多くないので、特に朗読を楽しみにしています。浜田さんの言葉にもありましたが、宮沢賢治の作品は目を瞑って聞いていると、情景が浮かんできて、宮沢賢治の世界に入ることができるような気がしています。 今回の作品は「グスコーブドリの伝記」。長い作品なので、今回は半分までということで、後半は次回のお楽しみとなりました。 他に医師として、東日本大震災発生9日後に被災地支援に行かれた酒井太郎先生の体験談、そして鎌倉在住のバスクラリネットをはじめピアノの演奏やソプラノ歌手の独唱があり、充実したプログラムでした。
maekawa-ayako * - * 21:40 * - * - * - -

旧華頂宮邸の春爛漫

平成30(2018)年3月29日 春爛漫です。 旧華頂宮邸の中は、シダレサクラやミツマタが満開。 旧華頂宮邸の脇道、宅間ケ谷戸の道には、ヤブツバキが2本。今年の椿は、花付きが素晴らしく良く、楽しませてくれました。









maekawa-ayako * - * 22:24 * - * - * - -

華の橋の桜

平成30(2018)年3月29日 浄明寺自慢の桜です。大きく枝をはり、素晴らしい1本桜です。 華の橋の袂に咲く大木です。 樹齢はわかりませんが、きっとこの地域の歴史を知っている?桜です。







maekawa-ayako * - * 22:22 * - * - * - -

桜、桜、桜

平成30(2018)年3月29日 春に3日晴れなし。。。と言いますが、今年は晴れが続いてます。 お陰様で、花の傷みが少ないまま、小さな風に花びらが乗ってふってきます。 段葛の桜も満開です。真っ青な空と桜。やっぱり美しい! ツバメもやってきました。チチッ!という声で気がつきました。ビルの軒下で一休みしているところのようです。 「今年もまた来てくれたね」と声をかけたくなります。







maekawa-ayako * - * 22:19 * - * - * - -

いつも我が家に、桃の花。

平成30(2018)年3月28日 今年も、我が家に桃の花が届きました。 大きな桃の木の持っている知人が、毎年、花が咲く頃になると、枝を届けてくださいます。 いつも心待ちにしている桃の枝です。 白色と桃色を割き分ける桃です。 早速活けて、今日はこの暖かさで蕾が開きました。 桜もいいけれど、桃もです。
maekawa-ayako * - * 22:13 * - * - * - -

ハーベスト鎌倉工場見学

平成30(2018)3月27日 前回行われた工場見学に参加できなかったことから、今回、教育こどもみらい常任委員会委員長のお計らいで、再度見学の機会を得ることができました。 昨年の11月開始した市内公立中学校の給食のためにだけに笛田に建てられた工場です。 開始時から3月の給食終了日まで、毎日約2800食の調理、運搬がされました。新学期からは、3000食になる勢いです。事業者が驚くほどの喫食率だそうです。そして残差が少ないのも大きな喜びです。栄養士さんの献立の素晴らしさが喫食率の高さや残差の少なさに大きく貢献していることは忘れてはいけません。この5ヶ月間、同じメニューを出さない、という努力をされた、とい聞いて、感謝の気持ち一杯になりました。 そして、工場内の徹底した衛生管理には、ただただ頭が下がりました。安全で安心の給食を9校に届けるために、作業は朝6時から始まり、調理は運搬時間に間に合わせます。そして清掃、返却されてくる食器のかたずけが済むのは、午後6時頃。2交代制で約70人が、作業ルールに従って、調理を進めている様子を思い浮かべながら、工程の説明を聞きました。 私の知人のお子さんは、この度の中学校給食のお陰で嫌いだった物を食べるようになった、とお母様が喜んでいます。 私がガラス張りの中に入っているのは、強い風にあたることで、体についたチリなどを飛ばす機械の体験です。 写真は、高橋委員長と安達副委員長と。







































maekawa-ayako * - * 22:06 * - * - * - -
このページの先頭へ