広島市議会政策立案検討会議の皆様からの視察をお受けして

令和2年(2020)1月17日

 「鎌倉市自転車の安全利用を促進する条例」が策定されてから8年になりますが、未だにその策定までの過程を他市の市議会から視察をお受けすることがあります。

    今日は、広島市議会の皆様の視察に参加しました。ここのところ、私は他の日程と重なった関係で視察対応に参加できませんでしたので、久しぶりの参加でした。

 広島市議会は、平和の推進に関する条例の制定を目指しておられるということです。

 自転車に関する条例だけでなく、議会基本条例の策定についても説明が行われ、そのプロセスを山田直人議員、と久坂くにえ議員の分担で説明、そして、納所議員、そして私も含めて4人で、説明後の質問にお答えしました。

 多くの質問を頂き、また広島市議会の状況をお聞きする等、有意義な時間となりました。

maekawa-ayako * - * 20:21 * - * - * - -

八雲神社のどんど焼き 

令和2年(2020)1月13日

 成人式が行われる朝の8時からは、八雲神社のどんど焼きです。

 毎年、どんど焼きでお正月のお飾りや松を神社に持って来られた地域の方達に大町商店街の方達が中心となってお汁粉を配られます。そのお手伝いをさせていただいています。

 今年は、早くから集まる人が多く、寒い朝に温かなお汁粉を楽しみにされていることが分かります。

 このお汁粉の一杯が、今年一年の無病息災に繋がるように願います。

maekawa-ayako * - * 20:19 * - * - * - -

材木座海岸 しお祭り どんど焼き

令和2年(2020)1月11日

 材木座海岸で、しお祭りが、午前10時から五所神社の小坂宮司様により神事が執り行われ、しお神楽も拝見することができました。
集まった地域の方達の中には小さな子ども達もいます。子ども達が、こうした神事やしお神楽等の伝統文化を直接目の前で見る体験をすることができるのは、本当に大切なことで、いつまでも子ども達の目に残り、心に残ることでしょう。

引き続き、どんど焼きに火がつけれ、勢いよく空に向かって炎が上るのを見届けました。

 海の安寧を祈り、今年の一年の無病息災を願って。

 雲が多い空でしたが、次第に東から陽が射してきて、とても暖かな海辺のひと時となりました。




maekawa-ayako * - * 20:17 * - * - * - -

鎌倉市消防出初式が今年も開催されました。

令和2年(2020)1月6日

  毎年、1月6日には、鎌倉市消防出初式が開催されます。会場は、山崎浄化センターです。
 風もなく、雲も少ない、青空が美しい穏やかな天気の下での開催となりました。
  日頃の消防団員のご活躍に対し、永年勤続功労賞、消防団員20年勤続、消防団員15年勤続、消防長表彰にそれぞれ該当される団員の皆様が表彰され、また、自主防災活動優良団体として植木町内会 防災部 の皆様が市長表彰を受けれられました。

 そして、鎌倉・大船鳶職組合の皆様による纏いの振り込み、木遣唄、梯子乗りで盛り上がり、そして台風による倒木、家屋倒壊への復旧、鎌倉・大船消防による救助訓練展示が行われ、最後は恒例の消防車一斉放水で美しい虹もかかり終了しました。

 昨年の9月、10月の台風の体験で、地域を支えて下さる消防団のご尽力に改めて感謝の気持ちを強くした地域も多くあったと思います。

消防出初式は、消防団員のお一人お一人がお仕事もちながら、地域の安全を守って下さっていることに、感謝と敬意を表す貴重な場でもあります。

今年は出初式がウイークデイが始まる月曜日に当たり、団員がそろうこともなかなか難しかったということをお聞きしましたが、それでも立派に隊列を組まれ臨んでおられた姿を拝見することができました。

 







maekawa-ayako * - * 20:15 * - * - * - -

手斧始め式

令和2年(2020)1月4日

 手斧始め式は、古くから重要な工事に先立ち行われていた儀式といわれており、大変歴史のある伝統行事です。毎年お正月の4日に鶴岡八幡宮で、鎌倉建築組合の皆様の御奉仕により執り行われる神事です。

 午後1時から始まりました。

 丁寧に静かに進む神事が終わり、鎌倉鳶職組合の皆様による梯子乗り披露が、次々に演技が行われ、晴れやかにお祝いらしく披露されました。

 こうした儀式を拝見できることに、本当に感謝致します。ありがたいことでございます。



   
maekawa-ayako * - * 10:37 * - * - * - -

材木座海岸での船祝い(2日)・腰越漁港での船祝い(4日)

令和2年(2020)1月2日・4日

 2日は、材木座海岸の「船祝い」でした。雲が多い空になりましたが、陽射しもあります。

 材木座海岸の砂浜に上げられた船から地元漁師さん達が、みかんやお菓子、五円や百円といった硬貨をまいて、漁の新年を祝います。毎年多くの人達が、船から届けられる「福」のおすそ分けを期待して集まります。また知り合い同士、新年のご挨拶を潮のかおりの中で交わせるのもとても素敵です。

 4日は、腰越漁港での「船祝い」でした。2日と同じようにやはり雲が多く、今年は富士山を眺めることはできませんでした。

    腰越漁港の船祝いは、毎年、相州神童大鼓の演奏を開会前に聞かせて頂けます。演奏者は女性の方達ですが、威勢良く、華やかで、新年に相応しい演奏です。

  こちらもみかんとお菓子を船から集まった地域の方達に撒きますが、腰越では、私達議員も撒くお手伝いを致します。まずは、岸にあげられた船から撒きますが、撒く前に、今年の恵方は、と言いますと・・・・西南西ということなので、その方角にみかんを投げます。福がありますように・・・と願って投げます。

 みかんとお菓子は、港に停留してる漁船からも撒きます。腰越漁港も、今年も多くの方達が集まり、賑わい、新年を祝いました。

 こうして、多くの方達とさまざまな場面で新年をお祝いできますことに、感謝しております。









 
maekawa-ayako * - * 10:34 * - * - * - -

令和二年のお正月です。あけましておめでとうございます。

令和2(2020)年、1月1日

 あけまして、おめでとうございます。

 東京オリンピック・パラリンピックが開催される年が、いよいよ開けました。56年前に開催された東京オリンピックの時は、4歳でした。今年の干支は 子 です。 私は、5回り目を迎えることできました。
 これまで育てて頂いたことに心からの感謝をさせて頂きます。そして、これからも引き続きお育て頂くことを、改めてお願い申し上げます。

 節目の年を迎えました。

 二匹の子の絵は、人生の大先輩、居合道10段をお持ちの座間幹夫さんに描いて頂きました。

 昨年の9月、10月と相次いで台風が鎌倉に大きな被害を齎しました。

 今年は、さまざまな政策を考え提案していくと同時に、災害についても、これまでよりもっと考えて行動していかなければならないと思っています。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

maekawa-ayako * - * 00:45 * - * - * - -

季節

令和元年(2019)12月15日

 台風の影響で、木々の葉もいたみ、紅葉は期待できないと思っていましたが、意外にも木々の紅葉が美しく見ることができます。

 黄色や赤色、そして冬桜も咲き、毎年の鎌倉のこの時期らしい木々の様子を見ることができています。





maekawa-ayako * - * 22:22 * - * - * - -

終活セミナー 行政が行う終活事業について 講師:北見万幸氏 深沢行政センター

令和元年(2019)12月14日

 鎌倉市の高齢者いきいき課主催の「終活セミナー」が深沢行政センターで開催されました。

 講師は、横須賀市の福祉部生活福祉課自立支援担当課長をされていた北見万幸氏です。北見氏は、横須賀市のエンデイングプラン・サポート事業を強力に進められてきた、その道のカリスマです。現在は定年退職されていますが、2年前の夏の暑い日に、私は北見さんを横須賀市にお訪ねしています。
 鎌倉市でもエンデイングプラン・サポート事業を始めたばかりで、エンデイングノートも作成して配布を始めたところでした。
それはそれで有難いことでしたが、実際にこのエンデイングの事業を行政が行うことになった時代背景等を伺いたくて、北見さんを訪ねたのです。約2時間、北見さんの机の?でメモを取りながら伺うお話は、次から次へと事例が出てきました。北見さんがさまざまな人の最後に出会う度に感じらたその気持ちががひしひしと伝わってきました。
 そして、「終活情報登録伝達事業」についてを教えて頂いたのです。これは、人が倒れ、無くなった場合に、書いておいた終活ノートの保管場所や、お墓の所在地について分からなくなってしまうことが多くなっているという近年の事態を重く見て始まった事業で、そうした情報を生前に市に登録して、万が一の時には、病院や消防、さらには警察、そして保健所等のうち、ご本人が指定した方に示して、ご本人の意思の実現を支援する事業です。
 北見さんのお話しを伺っていて、鎌倉市でも、折角、エンデイングノートを作成しても、この登録事業を行わないと、エンデイングノートを活かすことが難しいと感じました。
 早速、鎌倉市でもこの事業について考えることはできないか、と提案致しました。手間は、登録用紙たった一枚のことなのです。
それで、市民が安心して暮らすことができる一助になるのであれば、是非取り組むべきと致しました。
 鎌倉市でも、制度として開始して下さるようになったのです。
   今回の北見氏の講演には、2年前に押し掛けて行き、教えて頂いたお礼と、報告を含めて参加しました。

 参加者は、約30名で、女性が多く見られました。「もっと男性にも感心をもってもらいたいものだ。」とお隣に座られた男性が感想を仰っておられました。こうした機会をもっと増やしてくだされば、そうした声に答えることができ、次第に多くの人の関心が深まっていくと思います。そこのところは、行政に多いに期待したいです。







maekawa-ayako * - * 22:20 * - * - * - -

第51回 鎌倉飲食業組合 ラーメンづくりの会 鎌倉児童ホーム

令和元年(2019)12月11日

 夕方5時過ぎからは、鎌倉児童ホームで、鎌倉飲食業組合の皆さんが「ラーメンづくりの会」を開催して下さいました。

 先日の餅つきと同様、子ども達の楽しみの会だと思います。

 私も子ども達と一緒にラーメンを頂くのが楽しみですので、時間の許す限り伺います。

 サンタ姿の組合の皆さんがラーメンをお盆にのせて運んで来て下さるのを椅子に座ってまっていると、良い香りのラーメンが運ばれてきます。早速、「熱いね。」とか「美味しいね。」と「麺だけお代わりしたい。」とか会話しながら食べます。デザートには、可愛いサンタの砂糖飾りがのったプリンもあります。サンタを先に食べるか、最後まで残すかも会話になります。

 おもちゃやお菓子が入った袋をプレゼントされます。またプレゼントの中身を見せてもらって、あれやこれやと会話になります。

 先日のお菓子組合の皆さんにもそうでしたが、飲食組合の皆さんにも、今年も美味しく頂き、楽しい雰囲気で過ごすことができたことを子ども達と一緒に感謝しながらのひと時でした。







maekawa-ayako * - * 22:18 * - * - * - -
このページの先頭へ