子ども大学かまくら 第2回授業 「能楽の楽しみ方」

令和元年(2019)7月6日 今日の授業は、講師に鎌倉能舞台を運営されているシテ方観世流の中森貫太先生。 演題は「能楽の楽しみ方」。能と狂言を合わせて「能楽」といい、世界遺産無形文化遺産の第1号の指定となったことから講演は始まり、能楽の歴史や能と狂言の発声の違い等能楽のワークショップを交えての授業になりました。 聞いているし、見ているけれど、ちゃんと知らなかったことばかりで、改めて私にとっても興味深く、知りたかったことばかりでした。当たり前ですが、奥が深いです。 鎌倉市では公立の小学6年生は、中森先生のご尽力で、毎年鎌倉能舞台の狂言「柿山伏」観る経験をすることができます。能・狂言を知るためで授業の一環として教育委員会が行う事業です。そして昨年の6月からは、鎌倉能舞台で募集をかけ「鎌倉子ども能」という子ども達の能体験プログラムが始まっています。一つの演目を6月から翌年の3月にかけて練習して3月に発表会を行います。今年で2年目を迎えています。 鎌倉能舞台では、日頃「能を知る会」という一般の方を対象にしたプログラムを行っています。その「能を知る会」の東京公演が9月に観世能楽堂で開かれます。昨年の卒業生の中には、その公演に出演することができる子どももいて、今猛練習に励んでいるようです。素晴らしい体験の機会を得ることができたのです。その公演には、野村萬齊氏も出演されます。 鎌倉能舞台は、鎌倉の子ども達に日本の伝統芸能である能楽を伝えることに尽力して下さっています。大変貴重なことであり、そのご尽力に感謝が絶えません。 今日の授業で、特にワークショップの場面では能や狂言の独特の声の出し方を教わり、強い印象を受けたことでしょう。いつか、やってみたいと思うこともあるかもしれません。
maekawa-ayako * - * 08:05 * - * - * - -

第69回 「社会を明るくする運動』鎌倉市地区大会 講演と音楽のつどい

令和元年(2019)7月3日  69回目を迎えた「社会を明るくする運動」の今年の講演は、金井勝政先生。市内公立中学校の先生をされ、平成17年に定年退職された際は、腰越中学校の校長でした。 先生は、隣町十二所の出身で、第二小学校、第二中学校と母校が私も同じです。大大大先輩!。です。 演題は、「駅伝の襷に想いを込めて」。先生は、箱根駅伝や都道府県駅伝に出場された経験をもっておられ、そのアスリート時代のお話はこれまでにも、様々な場面で直接伺うこともありましたが、今回の1時間に亘る講演でこれまで小間切れに聞いていたことが私の中では、一つに繋げることができたように思います。 社会を明るくする運動で先生が伝えられたかったことは、夢に向かって頑張れば、夢は必ず叶うということで、そのためにはルールを守る心、頑張る心、協力し合う心といった様々な心を養うことが必要だというだったように思います。 38年間の教師生活を終え、平成24年に鎌倉りトル陸上クラブを発足し、子ども達に陸上の指導をしておられます。私も見学させて頂いたことがありますが、走ることの基本、そして楽しさを子ども達が知ることができるこうした陸上クラブは鎌倉でも数が少なく、とても貴重なクラブだと感じたことを思い出します。 いつも明るく元気な先生の人情味溢れる講演でした。会場から時々笑いが出る程。地元十二所からも聞きに来られている方を多くお見かけしました。皆さん今回の先生の講演を楽しみにされて来たことがわかります。 もっと深い所までお話したかった・・・という先生の言葉で講演は終わりました。 是非、地元でも講演して頂きたい!という声が上がっています。私もその一人です。



maekawa-ayako * - * 21:36 * - * - * - -

小雨の海開き

令和元年(2019)7月1日 梅雨の中ですから仕方がありませんが、小雨降る中の由比ヶ浜海岸での海開き式です。式の前には、いつものように鶴岡八幡宮による神事が執り行われ、本日から62日間の海の安全を祈願しました。 今年の由比ガ浜海水浴場は、「バリアフリービーチ」が開設されました。県内で初となります。海岸から水際にかけてマットを敷き、あるいは、木の板を海の家の前にボードウオークが設置され、車椅子を利用する方が通行できるようになりました。 マットによる海岸のバリアフリー化の実現に尽力されたのは、障害者サ―フイン世界選手権で2連覇された内田一音さんです。アメリカではすでに普及されている車椅子で海に入ることができるマットを日本で、いえ生まれ育った鎌倉に。。。という熱い想を呼びかけて、この度実現しました。 2014年にマナーアップ条例が制定されてから5年が経ちました。間で条例改正も行ってきた結果、制定当時は苦情の件数が二桁だったものが、今ではひと桁になったということです。 海水浴場となって、今年で136年目を迎えます。











maekawa-ayako * - * 21:32 * - * - * - -

第44回母と子のふれあいトスベースボール大会

令和元年(2019)6月29日 早朝から雨です。鎌倉市内でも西と東では、少し降り方が違うようです。 トスベースボール大会の会場は、いつも深沢の多目的広場で、私の住む浄明寺よりは、西に当たり、雨はやや弱めのようです。 予定通り、『第44回 母と子のふれあいトスベースボール大会』は、雨を心配しながらの開会です。 集まった選手の子ども達、そしてお母さん達は元気一杯です。最後まで雨で中止になるようなことがなく試合ができますように・・・願いを込めての開会式でした。 始球式にバットを振ることになり、数回練習をさせてもらいました。何回もカラ振りして、不安な練習結果でした。テニスのようにバットにボールが当たったら、バットはとめるといい!と教わって、やっと要領が少し分かった感じでした。 いよいよ本番。ドキドキでした。ゆっくりとトスベースボールの機械からボールが送りだされてきて、エイ!とバットを振り、何とか成功! よかったです。試合が始まりました。 子ども達とお母さんによる元気な試合運びとコーチ達の応援のゲキが飛び交い。。。。







maekawa-ayako * - * 21:30 * - * - * - -

前川あやこレポートNO.61を発行しました

2019年6月議会からのご報告を中心としたレポート61を発行しました。

ぜひご覧ください。今号のテーマは、

超高齢化社会のまちづくり、地域包括ケアシステムを特集しました。

ここをクリックするとお読みいただけます。

maekawa-ayako * - * 15:43 * - * - * - -

カエルの子

令和元年(2019)6月22日  カエルの子。沢山いたオタマジャクシがカエルになって池を離れていきました。  どうやら最後の一匹の巣立ちの時期が来たようです。 ナベルが咲く季節になりました。三光鳥が、今年はこの谷戸で巣作りをしているようです。あの独特の鳴き声をよく耳にします。雨どいの中に作ったシジュウカラの巣からも雛達が賑やかに先日巣立って行きました。近くで巣立ちをしたコスズメ達は、たどたどしい羽ばたきで親鳥を追いかげています。 体の何倍もある広い睡蓮の葉の上にじっと座っているカエルの子は、一体何を考えているのでしょうか。長い時間、同じ方角に体を向けて、池から離れる機会を待っているようでした。 知らない世界に夢膨らんでいるでしょうか。それとも不安を感じているのでしょうか。 頑張れ!元気に大きくなって!と声をかけて応援したくなります。 小さいけれど、いっぱしにカエルの形になったカエルの子です。
maekawa-ayako * - * 06:40 * - * - * - -

たまねぎ

令和元年(2019)6月20日  老人農園でできた玉ねぎをみらいふる鎌倉のお二人が、市内の保育園の園児達にプ レゼントです。  園児の顔位ある大きな玉ねぎもあります。二つの籠に一杯の新玉ねぎです。とれた ての新玉ねぎです。  玉ねぎを使ったお料理はどんなのがある?という先生の問いかけに、肉丼!ハン バーグ!カレー!肉じゃが!オムライス!お味噌汁!次々と園児達の口から出てくる 出てくる色々なメニュー。  玉ねぎって色んなお料理に使っているのねー。と先生。 玉ねぎが嫌いな園児もいそうもありません。  玉ねぎのお礼に可愛い歌のプレゼントをしてもらって、みらいふるさん達はニコニ コです。  そして、園児の皮むき当番さん達が玉ねぎの皮むきを見せてくれました。慣れた手 つきでもくもくと薄いをむいていきます。上手にするすると皮がむけると、ツルツル の透き通るような新玉ねぎの実が出てきました。きれいに水であらって、調理室へ。 今日のメニューはカボチャとナスのそぼろあんかけ、その中に園児達がむいた玉ねぎ を使います。  元気に遊んで、お手伝いをしっかりした後は、美味しい食事ができています。







maekawa-ayako * - * 06:37 * - * - * - -

平井隆一さん 『頼朝が幾何で造った都市・鎌倉』 出版を祝う会

令和元年(2019)6月16日  長谷にお住まいの平井隆一さんは、昨年、閉館となった長谷子ども会館の非常勤嘱託員(子ども育成支援員)として6年間務めてくださいました。工学博士でもある平井さんは、この度、7年の歳月をかけて歴史学者として『頼朝が幾何で造った都市・鎌倉』を書かれました。  正直なところ、幾何ときくと、理系が苦手な者にとっては、少し引いてしまうところがありました。しかし、読み始めてみると、鶴岡八幡宮の配置は、頼朝が建立する前にすでに5代前の源頼義が幾何の考え方を取り入れて建立地点を定めていたことや鎌倉大仏についての色々は、特に興味深いものでした。  間に幾何学の図形で寺社の位置関係が示されており、成程・・・と思わされることが多くあります。  是非、読んでみて頂きたいとお勧めします。  これからもさらにご自身の研究を進められるようですので、楽しみにしています。

maekawa-ayako * - * 06:34 * - * - * - -

令和元年度 子ども大学かまくら 第1回授業

令和元年(2019)6月16日  今年度最初の授業です。午前10時から2時間。鎌倉芸術館小ホールでした。 授業内容は『脳と香り、そして睡眠』 講師は、杏林大学名誉教授・精神科医の古賀良彦先生。    睡眠は、食事や運動と同じように健康を維持するために大切な因子であり、いわゆる、レム睡眠とノンレム睡眠を合あわせた睡眠の特徴についてや、しっかり眠って、はっきり目を覚ますための生活のリズムをつくることが大切です。睡眠が十分取れれば、朝からお腹が空いて、朝ごはんをちゃんと食べることができ、朝ごはんを取ることが、朝起きて活動を始めるために最も重要なことだということを子ども達に話して下さったことは、とても良かったです。 また、臭いに関しては、リビングルームで勉強する子どもが多いことを取り上げ、色々な臭いが集まり易いリビングは、悪臭が漂うと、学習能力の低下に繋がるということでした。確かに、私もアロマを使ったり、ハーブを近くに置いて気分を変えることをします。鼻から入る臭いによって、ホッとしたり、清々しかったり、重苦しかったり、自然と臭いに反応しながら、日々行動しているになります。  臭いに誘われるということもよくあります。例えば、美味しそうな匂い。。。。。  紅茶を飲むと脳の血液量が増加し集中力や記憶力が高まるということです。紅茶派としては良いお話しでした。紅茶でなくても、集中の後には、リラックスする休養時間を作り、また集中のストレスをとるために何か少しの娯楽を行うことで切り替える、そうした切り替えができるようになると、生活にリズムができ、きっと質の良い睡眠がとれるようになるのかもしれません。  睡眠の大切さは、大人にとっても重要なこと。特に年齢を重ねることで、良い睡眠は課題です。
maekawa-ayako * - * 06:33 * - * - * - -

山内静夫さん『かまくら 谷戸の風』 出版を祝う会

令和元年(2019)6月15日    鎌倉同人会の前理事長、山内静夫さんが、鎌倉朝日に平成25年から連載してきた 『谷戸の風』が平成31年の3月までをまとめて本になりました。その出版記念パー ティーがひらかれました。山内さんと言えば、映画のプロデューサーとして小津安二 郎監督のもとで活躍されてきた方です。現在94歳、それも2日前にお誕生日を迎え られたばかりです。 お隣の席でニコニコされている奥様の愛子様も山内さんと同い年で、私にとりまして は、ソロプチミスト鎌倉の大先輩でもあります。 正午に始まった出版記念パーティ―に駆けつけた人の数は150人を越え、お祝い会 場となった鎌倉アスターの部屋は最初から大変賑わった会になりました。 そして、会が始まってすぐのご挨拶が、俳優の中井喜一さん。これも演出なのか、屏 風の後ろから現れた時には、会場から歓声が上がりました。お父様(俳優 佐田啓 二)と親しかった山内さんなので、中井さん、そしてお姉さまの中井希恵さんも、子 どもの頃から家族ぐるみの長いお付き合いをされてきた関係で、山内さんへのお祝い の言葉として、温かで、ユーモア溢れるお話しをされました。中井さんの登場で、一 気に会場が盛り上がり、文学館館長富岡幸一郎さん、俳人星野椿さん、映画監督の篠 田正浩さん等多く方のご挨拶の中で山内さんとの様々なエピソードをを聞かせて頂き ました。どの方のお話しも貴重なお話ばかり。どのお話しも共通することは、山内さ んの優しくて、親しみやすいお人柄に触れたものでした。  鎌倉の谷戸に住む者として、『かまくら 谷戸の風』という題名は大変印象が深い ものです。鎌倉らしい谷戸という言葉を使われるところに、鎌倉を愛する山内さんの 気持ちが込もった題名だと感じていました。 山内さんは、鎌倉というまちを良くしたいという気概みたいなものをいつも持ってい て、それが執筆を進める力となっているということ、そしてこれからも執筆は続けて いくつもりだということをご自身のご挨拶の中で仰られました。







maekawa-ayako * - * 06:29 * - * - * - -
このページの先頭へ