第二小学校のヒマラヤスギが台風19号でたおれてしまいました。

令和元年(2019)10月13日

 12日の夕方6時頃から鎌倉では、台風19号の影響と思われる雨と風の強さが激しくなってきて、テレビの気象情報で数日前から警戒を呼び掛けられており、できるだけ備えたつもりでも、恐くてドキドキしていたのが正直なところでした。

 朝、8時半に町内会館に3役と防災担当が集まる予定になっていましたので、その前に気になるお宅に電話をしたり、同じく気になる地域の出向き確認しました。二階堂では、あるお宅のベランダに向かい側の崖から倒木がおこり、辛うじて電線を切らないで済み、停電にならないまでも、木の重みが家にかかるので、できるだけ早い倒木の撤去が求められる状態でした。

 町内会館に集合した際には、屋根の破損や川にサイクルハウスが落下等の報告がされ、また青年部の方達もそれぞれ自宅の近隣の様子を確認している最中ということで、今回は、第二小学校の体育館がこの地域の避難所として12日の朝から開設されており、またこの地域は停電もなかったので、会館を開放する必要はないと判断しました。

 今日予定していた第二小学小学校の市民体育大会は、9日の段階では14日に延期でしたが、11日になって中止となりました。

 その市民体育大会の会場となる第二小学校のグラウンドにはヒマラヤスギが幾本か植えられており、大変大きく成長しています。そのうちの一本は完全に倒れ、もう一本は体育倉庫の一部を壊し寄りかかるよに倒れました。すっかり倒れてしまったヒマラヤスギは、体育大会の際に縄を結わいつけて、東から西に渡し、その真ん中に大きな鈴を下げて、大会開会の合図として鈴割を行ってきました。長年活躍してくれた慣れ親しんだ木でもありました。

 私が第二小学校のグラウンドを訪ねた時は、校長先生と教頭先生で木の周りに立ち入らないように黄色のテープを回す作業をしておられるところでした。

さらに校舎ギリギリに校舎の高さを越えるヒマラヤスギがもう一本あります。その木の根元は、雨で緩んだ地面を風が揺らした跡がひび割れとなって表れていました。木の高さを半径にして、テープがぐるりと回されました。グラウンドの3分の2が立ち入れない範囲となっています。

 ヒマラヤスギは、幹や枝張りの割には根が小さいので、これほど幹や枝が大きく成長してしまうと台風のような強風には耐えきれず、非常に弱いと思います。

 それにしても、毎年体育大会に活躍してくれていたヒマラヤスギを失ってしまい悲しいことです。

 先日の台風15号と合わせて、日頃木々と共に生活する、その生活の仕方が鎌倉の大きな大きな課題となっていることは事実です。





maekawa-ayako * - * 20:40 * - * - * - -

台風19号が接近しています。

令和元年(2019)10月12日

台風19号が接近しつつあります。10日に大阪の視察からの帰路に着く頃、新大阪の駅ではすでに、12日から13日までの間、新関線の運行情報に注意するようにという呼びかけが仕切りに駅管内放送で行われており、台風19号が発生したという数日前の情報から緊張していましたが、一層緊張が高まりました。
 10日当時は、13日に予定していた第二小学校地区の市民体育大会が14日に延期を決定していましたが、昨日の11日に体育大会は中止となりました。

 非常に大きな勢力をもつ台風19号は、昭和33年の狩野川台風の規模に匹敵すると報道されています。狩野川台風は経験がありませんが、伊豆の方に住む友人から、その友人も体験していないけれども、ご両親から伝え聞いてきた話を聞かせてもらったことがあります。その話を聞いて、とても怖い思いをされたのだ、と感じたことを強く印象に残っています。その話を思い出しています。

 台風15号の爪跡がまだ癒えないままのところが多い鎌倉です。気象情報を確認しつつ、大きな被害がおこならいことを心から願っているところす・・・・・
18時頃い伊豆半島に上陸あるいは、通過の可能性があるということで、緊張が高まります。

maekawa-ayako * - * 20:42 * - * - * - -

教育子どもみらい常任委員会行政視察 大阪茨木市「茨木っ子グローイングアッププラン(一人も見捨てへん教育)について」

令和元年(2019)10月10日

 教育子どもみらい常任委員会行政視察の二日目、大阪茨木市「茨木っ子グローイングアププラン(一人も見捨てへん教育)について」です。

 茨木市は、川端康成氏が3歳から16年間暮らした町で、鎌倉市と同じように名誉市民となっており、「川端康成が学んだ教育のまち茨木」としています。町中に、川端氏原案の「葬式の名人」が映画化されてて、その先行ロードショーの宣伝ポスターが貼られているのが目立ちました。

 茨木市の教育は、平成20年からスタートした教育プランは、全国学力状況調査の結果から、学力低位層と学力高位層があることを知り、ゆめ力・自分力・つながり力・学び力・元気力の5つの力を大切にして、特に学力低位層の子ども達に目を向けて、低位層にいる子ども達を減らすために目標値を設定して、その目標値に達成するべく努力するものです。その成果は、これまでの10年間に、さまざまな課題にぶつかり、その課題を乗り越え、必要な改善を行いながら目標を達成し、全国トップレベルまでに向上しました。

 これは、学校と教育委員会の連携が非常に上手く行われている結果であることは言うまでもなく、説明を伺っているだけで、教育委員会としてこのプランを進めて行こうという強い意欲が感じられました。その意欲がこのプランを牽引しているということは確かです。その意欲の中で、必要と判断して各学校の全国学力状況調査の結果を公表しています。これも立派です。そして、課題のある子どもに対する支援のための人の配置に多額な予算を投じており、勉強が苦手だった子どもに寄り添って勉強に取り組むことを好きにさせたり、生活面でも同じように寄り添って生活改善を行う等して、第4次までのプランを遂行しています。今後の第5次のプランには、現在世界的に注目されている「非認知能力」の向上を導入していきたい、という意欲も語られま した。

 大阪大学の清水宏吉教授が、このプランのアドバイザーとして茨木市の教育の推進し携わられているようですが、その教授のコメントとして、今後の茨木市の教育は、「右肩上がりの成長」から「良好な水準の持続」を目指すようにとされています。そこには、先生の働き方の改革にもポイントが置かれ、働きやすい職場の提供についても人的配置が必要であり、それによって、子ども達とたっぷり関わることができる教室をつくることが、現在達成した良好な水準の持続に繋がるということです。

 子ども達の成長に必要で参考になることが沢山あると感じた視察でした。









maekawa-ayako * - * 20:37 * - * - * - -

教育子どもみらい常任委員会行政視察 堺市博物館及び仁徳天皇陵古墳「百舌鳥・古市古墳群の保存管理のあり方について」

令和元年(2019)10月9日

今日と明日の二日間の日程で、教育子どもみらい常任委員会行政視察が行われました。

今日は、大阪堺市博物館と仁徳天皇陵古墳の視察を行いました。

 今年、令和元年(2019)7月6日に世界遺産登録されたばかりの「百舌鳥・古市古墳群」は、登録後は、観光客が3倍となり、昨年の4月から9月の半年間と今年の同じ時期と比べるても2倍となっているそうです。今日だけでも、週日にも関わらず4〜500名の受け入れをしているということで、非常に注目されている登録地であることがわかります。  百舌鳥・古市古墳群は、古墳時代の最盛期である4世紀後半から5世紀後半にかけて築造された古代日本列島の王たちの墓群です。百舌鳥エリアは、堺市内の東西・南北4キロメートルの範囲に広がっています。構成遺産として23基21件の古墳が選ばれており、その中には世界最大級の墳墓・仁徳天皇陵古墳(国内第1位)や履中天皇陵古墳(同3位)をはじめとする巨大前方後円墳等が含まれています。

市街地の開発の動きに対して古墳群の保管管理のあり方の工夫、周濠に囲まれた墳丘を安定して維持するための評価方法はどのように検討されているのか、被破壊での評価の可能性、市街地・住宅地にある古墳群への来訪者への対応と陵墓への静謐と尊厳の維持にどのような配慮をしているのか等について伺いました。

宅地造成が盛んに行われている中で1600年もの長い間守ってきたことが高い評価を得たようですが、さらに宮内庁が墳墓内の調査や研究以外には立ち入りを禁止することによって墳墓内に祭られている装飾品や埴輪等も保存管理されてきたことに繋がったとされています。今後の保存計画は、個々の墳墓というよりは、包括的な計画で進めて行く方針ということです。

博物館内には、ヴァーチリアリティ―カメラを通してドローンから見た仁徳天皇陵古墳(前方後円墳)を中心に履中天皇陵古墳や周囲の光景を、1600年前の築造された頃の周囲の様子にタイムスリップしたり、現在の様子に戻る等しながら比較する体験をしました。

何しろ巨大な古墳ですので、高い所に登らなければ全景は確認できません。また確認できるような高い所はありません。そこであたかもドローンに乗ったかのような気分で、墳墓の外からの全景も内部も確認することができるこのカメラの活用は、大変有意義と感じました。

1600年前は、大阪湾が墳墓に今よりもっと近く、当時は、海を利用しての貿易等が盛んであったことがうかがわれます。今より当時は緑が少なく、今では緑に覆われた墳墓であるのに比べて、築造当時は、墳墓もその周囲も緑は殆どなかったようです。

仁徳天皇陵に近づいても全景は確認できませんが、拝所まで行き、威厳があるけれど、とても清楚な白木の鳥居が立つ拝所まで行き、巨大な鍵穴のような形をした墳墓を思い浮かべながらお参りをして、今日の視察が終了しました。







maekawa-ayako * - * 20:30 * - * - * - -

ランタナと蝶

令和元年(2019)10月8日

 ランタナの黄色の花が、今日は陽射しで一段とキラキラしています。

 その花の色に誘われたのか、オレンジ色の蝶がやってきました。時々みかける蝶ですが、今日は撮影に成功しました。

 と、その時に、同じオレンジ色で、柄がある蝶が来ました。オスとメスのようです。

 美しさに見とれました!



maekawa-ayako * - * 20:50 * - * - * - -

旧華頂の宮邸秋の公開 

令和元年(2019)10月6日

昨日と今日の二日間、旧華頂の宮邸の公開日です。

今日は、宅間ボランティアの会の一人としてコーヒーサービスのお手伝いをしました。

開館した直後から大勢のお客さんが入り、休む間がない程でした。

お天気は、昨日とは違い、少し雨が混じる等、どんより天気ですが、次々とコーヒーのオーダーがあり、席に案内する人もコーヒーを入れる人も配る人も、カップを洗う人も皆大忙しでした。お昼時間を除いて一日中その状態が続きました。最近、旧華頂の宮邸はまた人気があるようです。

テーブルに飾られた松坂千遊先生の素敵な活け花を楽しみながら、この建て物の雰囲気を味わい、入れたてコーヒーを飲む、といった至福の時を提供できたと思います。

今後、ボランティアに参加したい、と自ら言って下さる方もあって、早速、次の公開日から一員になって頂く約束をしました。







maekawa-ayako * - * 20:48 * - * - * - -

栗の実が・・・・

令和元年(2019)10月5日

歩いて出かける途中、目の前で道路沿いの大きな栗の木から黄緑色のイガが落ちてきたか、と思うと、パカッとイガが二つに割れて、大きな栗の実が一つ空中で飛び出してきて、足元に転がってきました。あまりの早技に驚きましたが、イガの中で虫に食べられしてしまうこともなく、イガに守られて立派に成長した秋の恵みです!

maekawa-ayako * - * 20:47 * - * - * - -

鎌倉市立第二中学校 第27回生 プチ同窓会

令和元年(2019)10月5日

私達は、鎌倉市立第二中学校の第27回卒業生です。最近、プチ同窓会の開催が多くなりました。

プチといっても、1次会で20人程集まり、2次会で一部入れ換わってまた20人程集まりしながら、わいわいがやがやと懐かしい話に花を咲かせました。

市内からも市外からも遠くは東京から、あるいは北海道から駆けつけて集まる同級生達です。幼稚園から一緒だったり、第二小学校或いは第二中学校の途中からの転校生だったりですが、今や皆一緒。

いつからいた?なんて聞きながら、あの子はどうしているか、この子はどうしているか?と消息も確かめながら、中に卒業アルバムを持ってくる仲間もいて、これから少しずつ声かけを増やしていこう、と約束しながら次の集まる頃を考えます・・・

私達、第二小学校1年生からの仲間は、入学して10日目の朝、教室にいる時に、学校が火事になり、講堂を除いて全焼してしまうという恐い思い出を抱えています。その恐い思いを知らない転校生には、一生懸命その時の様子を話しもします。そして中学3年生までのそれぞれが持っている良い思い出も、嫌な思い出も繋ぎ合わせるように、話は止まりません。

皆、元気で良かったね、と言って、楽しいひと時を終えて分かれました。次会を楽しみにして。

maekawa-ayako * - * 20:44 * - * - * - -

オクト―バ―フェスト鎌倉、今年も盛大に開催です

令和元年(2019)10月5日

「夜の鎌倉の活性化」と「継続的な復興支援」をコンセプトに「オクト―バ―フェスト鎌倉」が、今年も盛大に開催されました。暑い!!とついつい言ってしまう程暑い日になって、開会頃の昼間12時に会場に行ってみると、すでに殆ど満席状態で大賑わいでした。ビールには最高の気候です。私も一杯といいたいところでしたが、残念ながら、今回は、役員の皆さんや訪れている友人にご挨拶をして帰りました。鎌倉市内からも市外からも本当に沢山の人達が楽しみにしているイベントなのだ、ということが分かります。
実行委員長をはじめ、役員の皆さま!乾杯!

maekawa-ayako * - * 20:43 * - * - * - -

鎌倉市議会9月定例会最終本会議

令和元年(2019)10月4日

9月27日に終了予定だった9月議会定例会は、台風15号の影響で、今日まで延会となっておりました。9月は決算特別委員会が設置される月です。今年は、私の会派、鎌倉みらいからは、山田直人議員が委員となって、5日間の委員会に出席し、質問、確認を行ってもらいました。

本日の最終本会議で、全ての議案が採択されました。
maekawa-ayako * - * 19:58 * - * - * - -
このページの先頭へ