四季のうつろいを詠む   俳句の力

令和元年(2019)5月16日、17日  16日、17日の二日にわたり、NHK学園生涯学習フェスティバルが鎌倉芸術館 小ホールで開催されました。16日は「鎌倉市短歌大会」、17日は「鎌倉市俳句大 会」で、いずれも400人を越す方達が全国から集まりました。そして日頃短歌に親 しむ方達と俳句を愛する方達に分かれて、それぞれの一日を楽しみました。 このフェスティバルは全国各地で開催されていますが、鎌倉市での開催は今回が初め てです。この短歌大会に寄せられた作品数は、自由題、題詠「山」をあわせて292 2首、そして俳句大会に寄せられた作品数は、自由題、題詠「山」あわせて6122 句に上り、いずれも日々の生活の中での心の動きを表す手法として、お一人お一人に しっかり浸透している短歌であり、俳句であることがわかります。そして、さらにど ちらも大会大賞として選ばれた3作品は、各地で開催される大会の大賞作品とともに 令和元年度の文部科学大臣賞候補作品となるわけですから、日々の精進の賜として、 大きな励みになることは間違いありません。 私は、短歌についてのお話をじっくり聞くのは初めてでした。歌人であり、瑞泉寺の 住職でおられる大下一真氏と歌人の永田和宏氏の対談は、とても興味深いものでし た。瑞泉寺は私が生まれ育った二階堂の寺で、私の子どもころの大切な場所でした。 今でも毎年必ず、山崎方代の『方代忌』で9月に訪れるので、住職の話の中に出てく る瑞泉寺の自然はすぐ目に浮かび、一層楽しい気持ちで聞くことができたというとこ ろがあります。そして大下氏の明るい話しぶりも対談にメリハリを齎していたように 感じます。永田氏のお話は、今は亡き奥様で歌人の河野裕子さんとの思い出、そして 3歳の時に失くされたお母様への思いの部分は、しみじみとしたもので、そうしたこ とが根にあって歌に表れているものがあることを知ることができました。年頭に行わ れる宮中での歌会始に発表される歌の選者をされる永田氏の今年の美智子様の御歌 『今しばし生きなむと思う寂光に園の薔薇のみな美しく』の解釈を聞いて、改めて美 智子様の深い境地に吸い込まれていくようでした。 総論としては、季節と季節の間、季節から季節に移っていく間に感じる季節感、そし てその季節が齎す慶び、けな気に生きようとする生きとし生けるもの全てを愛おしく 思うことで、自然の中に自分がいて、自然の一部となって肌を接している慶びを歌 い、決して四季を理屈づけしてはいけない、ということだということだと解釈しまし た。 そこに結句は言い過ぎてはいけない、結句で決めようとしなくていい、という ことなのか、とぼんやりですが、理解できました。 俳句については、星野椿さん、星野高士さん、そして宇多喜代子さんの三人の対談で した。椿さん、高士さん親子の間に宇多さんを挟んで行われた対談は、笑う場面も多 いやり取りが続きました。風土・地だまが俳句に力を与え、人の心を感じる句に惹か れるのは、言霊がその句にあるからであり、良い季題に廻り合うことが俳人にとって 幸せであること。四六時中、三百六十五日、俳句のことを考えておられるという ことで、短歌についてもそうですが、五感を通して常に言葉を紡ぐことに慶びを持っ て毎日を過ごされているのが、歌人にとっても俳人にとっても幸せなことなのだとい うことがよく分かりました。  さらに、宇多さんの話の中で、俳句の未来への行く末を想像する内容がありまし た。それは、AI時代が来た時の俳句についてです。言ってみれば、今日の対談者は 皆昭和の句であり、自分の足で歩いて、手で何から何までやってきた者の句。すでに パソコンやスマホが普及している現代、これまで対面して、あれこれお互いに評価し 合い、切磋琢磨して俳句を作ってきたけれど、人口頭脳で俳句をつくるようになる時 代がくるのだろうか、きっと全く無縁ではないであろうということでした。あれをあ そこを入れ替えて、なんていうことが簡単に人口頭脳にできるだろうか、と問いかけ ながら、話の最後には、きっと人口頭脳も大したことはないだろう、と締めくくられ ました。少し笑いながら。 何がおっしゃりたいか、よくわかりました。 人口頭脳が季節感を風土をそして地だ まをどれだけ感じることができるだろう、という、人口頭脳への挑戦的な言葉に言霊 を感じました。力強く。それは、きっと短歌についても同じです。 季節を捉える、うつろう現象を見逃さない。。。日本の文化。。。言霊。。。言葉に ついて考える二日間でした。 短歌、そして俳句を愛し、嗜む年齢幅はどちらもとても広く、下は10歳代から上は100歳代までです。こんなにも多くの人達が言葉を紡ぐことを大切にしていることを改めて知りました。短歌か俳句か、どちらかを好むところは二手に分かれるものの、時代が移り変わるとともに言葉も変わっていくと思いますが、これからも変化をしながら、でも日本人の心を表す大切な日本の文化として続いていき、また鎌倉には、短歌や俳句の材料が豊富であることも改めて知り、鎌倉の文化としてもこれまで以上に大切にしていかなげればと強く心に刻んだ大会でした。



maekawa-ayako * - * 07:39 * - * - * - -

今年度も議会報告会&意見聴取会を開催します。

令和元年(2019)5月14日 来る5月18日、19日に今年度の議会報告会&意見聴取会を開催します。初日は鎌倉市役所本庁舎 2階議会全員協議会室で14時から16時まで開催し、2日目は大船学習センター 3階第一集会室で14時から16時まで開催します。 毎年2~3月議会で行われた予算審議についての議会の報告を行い、報告会の後の意見聴取会は『あなたにとっての共生社会とは?』というテーマで市民の皆様と考え、意見を出し合う時間となります。 この二日間の開催を市民の皆様に少しでもお知らせしたい、ということから、議会の有志が5月8日の6時半から8時まで鎌倉・北鎌倉・大船駅等のそれぞれの駅に分かれて開催をお知らせするチラシを配りました!!





maekawa-ayako * - * 21:35 * - * - * - -

季節

令和元年(2019)5月14日 10連休に及ぶゴールデンウイークが終わってから、早いもので一週間が経ち、季節 もどんどん移り変わっています。 まだ連休に入るまえの4月半ば過ぎ頃から咲き始めた藤の花を見て「今年は藤の花が 早いですね」と町なかで知人と挨拶を交わしてから、山の杉等の木々に絡む藤弦から たわわに咲く葡萄型の花があちこちで見られました。 やがて、その藤が終わり、タンポポはフワフワの綿毛となって、来年の春に向けて一 つ一つ親元ではなく花元を離れ飛んで行く姿は、春の終わりを告げているようです。 少し前を振り返ると、ゴールデンウイークの中では、静岡県三島市の長泉町にあるク レマチスの丘?ヴァンジ彫刻庭園美術館〜ベルナール・ビュッフェ美術館〜井上靖文 学館を廻りました。 クレマチスの花は、全体的に3分咲きと言ったところでしたが、爽やかに晴れて緑美 しい林を抜けたり、様々な花を足元に見ながら山道を進み、吊り橋を渡りながら、美 術館等を廻ることができ、日常とは違う一日を過ごしました。ヴァッジの彫刻は私に とってはどれも初めての出会いでしたが、印象深いものばかりでした。天気の良い空 の下で見る彫刻それぞれの表情は、とても楽しくもありました。 ビュッフェの作品 は知っているつもりでしたが、あんなにも沢山の作品を一度に見るのは初めてで、虫 の彫刻も興味深いものでした。 井上靖文学館では、自分でも驚く程懐かしく感じました。私の大学在学中に井上氏ご 自身が大学講堂で講演をされたのを思い出しました。そして父が好きだった「しろば んば」を私も父に勧められて、子どもの頃に読んだこと。他にも「天平の甍」「氷 壁」「夏草冬濤」等、講演の後でしたか、井上作品に嵌って読み続けたものでした。 小さな文学館でしたが、もう一度読んでみようかな・・・と思い起こすことができた 場所でした。 さて・・・もう三寒四温の時期は過ぎているはずなのに、気温が高くなったり低く なったりを繰り返す毎日です。タンポポの綿毛は一つ残らず無事に飛び立ち、残され た花元は、綿毛をつけている時は、茎を空に向かってすっくと立てていたのに、今は 力無くぐったりとその長い茎は土の上に横わってしまいました。 この時期は、色々なウツギの仲間が花をつけます。ハコネウツギもあります。 アジサイに色がつき始めました。冬の終わりに植えたナデシコが2回目の花を沢山つ けました。その他にツキミソウ等の小さな草花も。いよいよ夏が始まります。まだ暑 くなるまでの夏です。    花に目を移していると、どこから現れたのか、大きなカタツムリがしっかり触覚を 立てて、ゆっくり、でもカタツムリにしては速く進んでいくのに気がつきました。見 守りました。子どもの頃より見ることが少なくなった気がします。草の中に入って行 くのを何となく祈るように見届けました。無事草の中に入って行きました。  季節が変わっていくことをカタツムリもゆっくり感じているのでしょう。急に目の 前に現れたカタツムリ。ゆっくり歩むのも大事よ!と言っているようにも感じます。 でもセカセカ・・・・。





















maekawa-ayako * - * 21:30 * - * - * - -

前川あやこ レポートNO.60を発行しました

2019年2,3月議会からのご報告を中心としたレポート60を発行しました。

ぜひご覧ください。ここをクリックするとお読みいただけます。
 

maekawa-ayako * - * 11:59 * - * - * - -

弥栄(いやさか)

令和元年(2019)年5月1日  昨日の雨は上がり、陽が射す朝となりました。そして午後からは雨が。  昨夜は、平成時代は愛おしく、しかしゆっくりと揺れながら遠ざかって行きました。そして遠くから静かに少しずつ近づいてくる海の波に身を任せてそのままその波にそっと乗るような心持ちで、時代変更線を越えて、優しくて新しい時代を迎えました。  上皇は、私の両親と同世代でした。そして、今日即位された天皇陛下は、まさに私と同世代です。誕生した月日もあまり変わりません。昨夜は大晦日で、もう一度お正月がきたような不思議な気持ちです。  時は、春から初夏に近づきつつあります。 『御代替わり』と言う言葉、『寿ぐ』と言う言葉、そして『弥栄』と言う言葉、普段あまり使われない、聞くことができない、でもこの上ないこの国の美しく愛おしい言葉の数々が宝石のように散りばめれて、きらきらと輝き季節は移っていきます。
maekawa-ayako * - * 14:14 * - * - * - -

平成最後の一日

平成31(2019)年4月30日    平成最後の一日となる今日は、朝から雨になりました。萌えだした若葉が雨の滴で一層鮮やかに見える季節です。  深沢のJR跡地で4月20日から開催されている『ポップサーカス湘南公演』を見に行きました。公演期間は6月16日まで予定されいます。  全席満員の賑わいでした。  14ヵ国のサーカスアーテイスト達が”WORLD TOP PERFORMERS” を展開するとあるだけに、さまざまな国のアーテイストが、間20分の休憩は取るものの、次々と滞ることなく約2時間にわたるパフォ―マンスを繰り広げ、飽きることなく、最後まで楽しむことができました。 そして何よりも嬉しかったのは、沢山の子ども達が、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さん、兄弟姉妹といった家族や友達も一緒に見に来ていて、手拍子をしたり、声を出したりと楽しそうにしている様子を見て、今回サーカス公演を企画して下さったことが、とても有意義だということを感じて感謝しております。  公演の最後は、サーカスの花形である空中ブランコ。初めて見る空中ブランコのスリルは、きっと子ども達の記憶に鮮明に残ったことでしょう。







maekawa-ayako * - * 14:13 * - * - * - -

昭和の日 鎌倉明治会 第一〇九回会員総会 鎌倉文華館・鶴岡ミュージアム プレオープン

平成31(2019)年4月29日  鎌倉明治会の一〇九回目となる会員総会が鶴岡八幡宮で開かれました。今日は、昭和の日でもあります。  今日は、肌寒い日になってしまいました。「10連休」と言われるゴールデンウイークが始まって、3日目です。お参り方達の数の多いこと、お正月のようです。  鎌倉明治会会長の吉田宮司様は、二月に開かれた『天皇陛下御即位三十年 宮中茶会』に出席された時のことを「何とも言えぬ清々しい気持になった」と話されました。朝の昇殿参拝の祝詞は、平成天皇譲位をお祝いし、次の代への安寧を願い、祈りが込められました。今日を含めて、あと二日で時代が変わります。私にとりましての平成時代は、まるまる子育ての時代と言えます、そして一方、平成の約半分から後半を鎌倉市議会の議員にさせて頂いて、私なりにさまざまに切磋琢磨して生きてきたつもりの時代でした。あと二日で御代替わりとなりましても、変わらず、さまざまに切磋琢磨しながら生きていく所存です。  それにしても、「清々しい気持ち」にとても憧れます。今日の宮司様のその一言が耳から離れません。それは日頃の心持でなるものでしょうか。それとも、そのようなものが無くてもなるものでしょうか。  昭和26年に鶴岡八幡宮の池端に建築家・坂倉準三氏の設計によって建てられた神奈川県立美術館は、平成28年に閉館されました。そしてこの度、6月8日に『鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム』としてリニューアルオープンすることになりました。今日は、プレオープンとして5月6日までの間開催されている「新時代のはじまり」展を」ながら、改修されて完成したばかりの旧美術館である「鎌倉文華館」とそれと並んで新しく建てられた「鶴岡ミュージアム」を鎌倉明治会総会後、会員希望者で見学しました。  やがて全国的に広がりました県立美術館の先駆けとなった旧神奈川県立美術館は、その建て物としての価値が高いとされ、その歴史的建築の意匠を残しつつ、補強と復原を向上させた様子がわかる記録映像等が管内で観ることができるように展示されていました。  美術館だった頃に、気に入って、訪れると必ず入っていた『喫茶室』は、カウンターが当時のまま残されていました。とても懐かしく、子どもの頃に父と美術館に来た時には、ここで紅茶とケーキを頂いた思い出等、色々な思い出が甦りました。そして、館のテラスから見る池の佇まいは、以前より整備されて、美しくツツジが咲く土手も造られていましたが、テラスに吹く風は以前のままのように感じました。  これから、どのように活用されるのかが楽しみですが、当面は、ビジターセンターの役割を果たしていくということです。

























maekawa-ayako * - * 09:47 * - * - * - -

玉縄城址まちづくり会議 第13回定時総会

平成31(2019)年4月27日    玉縄城址まちづくり会議 第13回定時総会が、玉縄行政センターで開かれました。  新元号になることを機に、中長期的な提案することが総会の眼目、と荒井章会長が挨拶で述べられました。今回ホームページも分かり易くリニューアルするそうですので楽しみです。  昨年の活動報告と決算、そして新年度の活動計画と予算の発表がありましたが、いずれにしても、非常に熱心な活動をされてきており、これからも続く予定です。いつもながら感服しております。  玉縄城址・・・では、今年の4月14日の鎌倉まつりパレードに初参加されました。北条早雲没後500年記念事業としての参加でした。5月3日には、恒例になって6年目になる『小田原北條五代祭り』にやはり行列で参加します。  行列に参加するだけでなく、小田原市とパートナ―シティーの組むことを現在協議中です。  会の活動は、本部活動・里山活動・文化活動の3つに分かれており、それぞれ熱心に行われているのですが、文化活動では、昨年度『ふるさと館』を鎌倉市内の全公立小学校の生徒(学年は限られる)が訪れたということです。国大付属の生徒も。素晴らしいです。鎌倉歴史文化交流館についても、市内全小学校に。。。という議論が議会でもされますが、なかなか全小学校というわけにはいかないところが現状ですが・・・・  さまざまな活動を通して、地域の人々がこれからもますます繋がりをもって活動ができますように、応援しております。
maekawa-ayako * - * 15:04 * - * - * - -

鎌倉まつり最終日 武田流 流鏑馬

平成31(2019)年4月14日  鎌倉まつりの最終日を飾る『武田流 大日本弓馬会 流鏑馬』が、今年も鶴岡八幡宮の馬場で開催されました。  今回の鎌倉まつりのスタートでは、まだ段葛の桜も花が残っていましたが、中盤にそれは散り、最終日には八重桜とツツジの頃となりました。  今日は暖かで、陽射しも眩しく初夏の陽気です。  今回の流鏑馬には、2頭の新人ならぬ新馬がベテランに加わって活躍しました。その名は、『おもだか』と『ひかず』です。  この2月の小田原の梅まつりに初陣だった『おもだか』は、御歳10才。2月の初陣から今日まで、さらに猛特訓を受けてきたそうです。猛特訓の訳は、年齢は10歳ですが、流鏑馬経験は初めて。小田原の梅まつりは、訓練が足りていない状態で出場したそうです。まずは、流鏑馬のために走ることを教えるのはとても苦労があったそうです。愛情を注ぎ、優しく接しながら、時には厳しく。馬房で一緒に寝ることも。お互いの意思疎通が深まるための努力をこの2か月間ずっとしてきたそうです。本当に『おもだか』を大切に思い、コミュニ化―ションをとりながら一生懸命調教されてきたことが伝わり、思わず涙が目に溢れました。離れている時も『おもだか』を忘れれない、とお話ししてくださったのは、『おもだか』の背にまたがり、今回の流鏑馬を行った射手の方です。  その『おもだか』は、他の馬に比べて体が大きく、濃い灰色と黒の配色に『おもだか』という草の花に似た模様があるために、その名がついたそうです。『おもだか』とは、別名『かちいくさぐさ』と呼ばれており、その名の通りの馬に育つようにと願いが込められた名前でもあります。足先には黒毛の房毛がついていて、とてもおしゃれな馬です。  行軍の時に初めて観た時から気になる馬でした。  今日一日で、沢山のエピソードを作ったのも『おもだか』でした。出発の合図である扇が変わっても、なかなか一歩を踏み出さず、挙句出る順番を直前で変えざるおえなかったり、上手く走り切ったかのに、歩いて戻る途中で、クルリと後ろを向いてしまったり、と射手をかなり困らせました。そうした光景は、観ている私は微笑ましくも感じていましたが、多くの観客の前で手こずらせる『おもだか』を制する難しさを目の当たりにし、射手の思いはいかばかりか、と察してもおりました。  馬は感情面等では人間に近いところがある動物です。射手とのやり取りも、そんな風に思って観ていると、『おもだか』の気持ちも分かるような気がするから不思議です。  やはり『おもだか』の大きな体を正しい方向に向きを変え進むのは容易ではなかった、ということでした。確かに、クルリと後ろを向いてしまった馬はこれまで私も流鏑馬を観てきた中で初めてでしたが、ぐずる馬を手綱一つで本来の体勢に戻して、平然と進める様子に関心するばかりでしたよ、そして、『おもだか』に親近感を強く持ち、これからも応援していきたい、と伝えました。  新馬、『おもだか』と『ひかず』のこれからの成長が楽しみです。  やはり、流鏑馬は色々な側面から観る楽しみがあり、面白いです。射手の技も、その的の成績も、そして馬一頭一頭の表情も。日本の伝統として受け継がれてきた文化である流鏑馬です。多くの海外からの観光客も観ていました。とても感心があるようでした。  5月1日には、明治神宮で奉納があります。  流鏑馬の春の陣はまだまだ続きます。

























maekawa-ayako * - * 08:10 * - * - * - -

カルガモの夫婦

平成31(2019)年4月14日  今年もカルガモの夫婦が、私の住む宅間の谷戸の宅間川の小さな溜まりにやってきました。  仲睦まじく、二羽で水浴びしたり、羽繕いしたり。近づいても驚くことなく、気持ちよさそうに水浴びを続けてます。    そっとしておいてあげましょ。 とてもホッとする光景です。







maekawa-ayako * - * 08:07 * - * - * - -
このページの先頭へ